【Web完結させたい方必見】モビットの必要書類はコレだ!

OLたぬき
博士、私はモビットに申し込もうと思っています。必要な書類を教えてくれませんか?
たぬき博士
うぬ、良かろう。今日はモビットの審査・申し込みに必要な書類を紹介してやるぞい。
OLたぬき
あ、あとWeb完結の申し込みをしたいと思ってるんですが、別で必要になる書類はあるんですか?
たぬき博士
そこも解説していくから、よく聞いておくんじゃ。

モビットの必要書類一覧!

まずは希望する借入額や申込方法から必要な書類を大まかに判断しましょう。

必要書類 書類が必要になる条件 書類の具体例
本人確認書類 全員 免許証
パスポート等
収入証明書類 源泉徴収票
所得証明書等
社名確認書類 Web完結での申し込み 給与明細
社員証等

モビットの審査・申し込みに必要な書類は、上記の通りです。

本人確認書類に関しては全員に必要になりますが、収入証明書類や社名確認書類は条件付きで必要になります。

OLたぬき
借りる金額や方法によって必要な書類は違うんですね。
たぬき博士
そうなんじゃよ。ここからは各書類について詳しく説明していくぞい。

本人確認書類は全員必須!

モビット必要書類

モビットに申し込む方全員になる本人確認書類としては、下記の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

この中から一つ選択し、コピーしてモビットに提出しましょう。

以下で、それぞれの書類の提出方法を挙げていきます。

運転免許証

基本的に表面のコピーを提出すればOKです。ただし免許証の記載内容に変更事項がある方は、裏面のコピーも必要になります。

パスポート

顔写真および住所のページのコピーが必要です。

健康保険証

紙製で2つ折りタイプの保険証をお持ちの方は、氏名・生年月日・住所が載っているページをコピーしてください。

カード製の保険証であれば、表面と裏面両方のコピーが必要です。

外国籍の方は別の確認書類も必要

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

外国籍の方は上記の本人確認書類に加えて、この2点の中から1点を本人確認書類と合わせて用意してください。

本人確認書類に記載されているのが「現住所」かチェックしよう!

モビットが皆さんに本人確認書類の提出を求める理由の1つが「現住所」の確認です。

例えば「運転免許証の住所が実家の住所になっている方」は、運転免許証で現住所の確認ができないということになります。【運転免許証】【健康保険証】【パスポート】の中から今住んでいる自宅の住所が記載されている書類を選んで提出するようにしてください。

もし引っ越ししたばかりなどで、3点の書類のうち現住所が記載されているものがない場合は別で書類を用意する必要があります。

  • 公共料金(電気・ガス・水道・NTT)の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 国税や地方税の領収書(納税証明書も可)
  • 住民票の写し

この4つの書類の有効期限は発行されてから6か月以内です。書類を提出する際は発行日もあわせてチェックしておいてください。

健康保険証を提出する場合健康保険証は多くの場合、現住所をを裏面に手書きで記載するようになっています。手書きということで「本人確認書類として本当に有効なの?」と思うかもしれませんが、一応手書きの住所でも本人確認してもらうことは可能です。

ただ「なりすまし」を防ぐために、モビットは本人確認を厳重にする傾向があるので、万全を期すなら上記の4つの中から1つを添えて健康保険証を提出するといいでしょう。

モビットの借入には念のため「収入証明書」を用意しよう!

モビットで借入を申し込む場合には本人確認書類の他に、収入証明書を用意しておく必要があります。

少額の借入を申し込むからといって、収入証明書の用意を怠らないようにしましょう。

収入証明書のバリエーション

モビットに提出することができる収入証明書には次の5パターンがあります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 課税(所得)証明書
  • 給与明細書

源泉徴収票

モビット源泉徴収票

源泉徴収票を提出する場合は、次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 今の勤務先が書いてあるかどうか
  3. 年収が明記されているかどうか

また有効な源泉徴収票は前年度分になります。ただし申し込みが1月~2月の間の場合だけは、前々年度分の源泉徴収票でもOKです。

確定申告書

モビット確定申告書

確定申告書を提出する場合は、次の2点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 「収入額」と「所得額」の欄が埋まっているかどうか

有効な確定申告書は、原則「今年度発行の確定申告書」となります。例えば平成28年に申し込む場合は、平成28年度発行の確定申告書を提出しないといけないということです。

ただ申し込みが1月~3月の場合に限り、前年度に発行された確定申告書でも受け付けてもらえます。

確定申告書を提出する際のワンポイント確定申告書にはマイナンバーを記載する場所があります。モビットに確定申告書を提出する時は、マイナンバーの部分を黒く塗りつぶしてから提出するようにしてください。

税額通知書・課税(所得)証明書

zeigakushotoku
税額通知書・課税(所得)証明書を提出する場合は次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 「収入額」と「所得額」の欄が埋まっているかどうか
  3. 市区町村の発行印があるかどうか

有効な書類は「証明年度」が前年度のものになります。

例えば平成28年度に申し込む場合は、平成27年度の収入を証明する平成28年度発行の書類が必要になるということです。(税額通知書・課税証明書は前年度の納税を証明するもの)平成27年度発行の書類は受け付けてもらえないので気を付けてください。

ただモビットに申し込むのが1月~6月の間なら、前年度に発行された確定申告書でも有効になります。

給与明細書

zeigaku

給与明細書は2ヵ月連続のものを1枚ずつ用意する必要があります。その際は以下の4点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 今の勤務先が書いてあるかどうか
  3. 「支給総額」の欄が埋まっているかどうか
  4. 直近2ヵ月の給与明細であるかどうか

例えば給料日が毎月20日の会社に勤めている場合、3月21日~4月19日までの間に申し込む際は2月と3月の給与明細書、2月21日~3月19日の間に申し込むなら1月と2月の給与明細書が必要になります。

加えてボーナスや賞与などがある方は、直近1年分の賞与(ボーナス)明細書も併せて提出するようにしましょう。

各収入証明書の入手方法

収入証明書の入手方法につきましては、別記事で詳しく解説していますので下記の関連記事を参考にしてください。

【必読推奨】カードローン審査の必要書類と入手方法マニュアル完全版!

カードローン審査に必要な書類にについて、バリエーションから入手方法まで徹底解説しています。 申し込みから借入までスムー…

Web完結させたいなら「会社名・申込者氏名」が書いてある書類も必須

モビット在籍確認電話なし

ここまででご紹介した書類があれば、基本的に申し込み自体は可能です。

ただ「家族・職場にバレたくない」「手続きを楽にしたい」といった理由でWeb完結の申し込みを希望している方もいるでしょう。

Web完結の手続きをするには、「勤務している会社の名前」「申込者本人の氏名」が記載されている書類を準備しておくことが必要です。

上でご紹介した書類で言うと源泉徴収票や給与明細、保険証が当てはまります。(いずれも会社名・申込者名が記載されていることが条件)

また会社名と申込者名が記載されていれば社員証でもOKなのがモビットの特徴です。

事前に必要書類を確認し、しっかりと準備しておこう!

OLたぬき
なるほど。意外に必要書類ってそんなに多くないんですね。
たぬき博士
そうじゃろ。借り入れをする予定があるなら早めに準備しておくことじゃな。
OLたぬき
わかりました、ありがとうございます。
モビットカテゴリーへ戻る

関連記事