【ダメ、絶対】モビットはおまとめ・借り換えに向いてません!

借りすぎたぬき
博士、モビットって土日でもすぐに借り入れができて、職場にもバレないように気を遣ってくれるみたいですね。
借りすぎたぬき
その噂を聞きつけて、モビットでおまとめローンを組もうと思っているのですが、どうでしょうか。
たぬき博士
うぬ、確かにモビットのスピーディーな借り入れや職場・家族にバレない配慮は魅力じゃから、業者としてはオススメじゃ。
たぬき博士
じゃがのう、モビットでおまとめをするというのはあまりお勧めはできんのう。
借りすぎたぬき
えっ、ど、どうしてですか?
たぬき博士
ふむ、今日はモビットのおまとめについて詳しく解説してやるからよく聞いておくんじゃ。

モビットにおまとめ・借り換え専用のローンはなし

mobit-omatome-s

残念ながら、モビットに「おまとめローン」「おまとめ専用コース」といったものはありません。借り換えに関しても同様です。

したがって、「どうしてもモビットでおまとめや借り換え」をしたいという方は、通常の借り入れと同じ手順で申し込む他ありません。

流れとしては、モビットで借りたお金で他社に一括返済し、翌月以降からモビットに返済していけばOKです。

ただおまとめ前提のローンではないため、他社で借り入れがあるという事実が審査に不利になる可能性もあります。

モビットの限度額は800万円!でもおまとめには不向き?

借りすぎたぬき
そっかあ。モビットはおまとめローン専用コースを準備していないんですね。
借りすぎたぬき
でも博士、モビットって確か限度額が高かったですよね。だからおまとめローンには結構向いていると思うんですが。
たぬき博士
うぬ、限度額で考えれば凄く良いんじゃが、「おまとめ専用」のプランがないというのが実は大きな意味を持つんじゃ。

おまとめ・借り換え専用ローンがない=総量規制対象内!

mobit-omatome2-s

モビットの限度額は、800万円とかなり高い水準になっています。

通常の消費者金融であれば300万円~500万円が平均なので、モビットの限度額は業界内でもかなり高めです。

そのため「多額の借り入れをモビットに一気にまとめよう」と考える方も多いのですが、注意しなければならない点があります。

モビットでおまとめ・借り換えをしようとすると、総量規制の対象となってしまうという点です。つまりおまとめ・借り換えできる金額が限られてしまいます。

通常の消費者金融のおまとめ・借り換え専用コースを利用すると、「顧客に一方的に有利になる借り換え」と見なされ、総量規制の対象外となります。

※「顧客に一方的に有利になる借り換え」は総量規制の対象にならないと法律で定められている。下記で詳しく解説。

おまとめローンは総量規制対象外!年収が低くても遠慮はいらない!

おまとめローンを組みたいけど「総量規制に引っかかるのが不安」という方必見! 実はおまとめローンなら消費者金融でも総量規…

しかし上でご説明したようにモビットでおまとめ・借り換えするとなると、通常のプランで申し込むことになります。そのため上記の「顧客に一方的に有利になる借り換え」と見なしてもらえません。

念のため電話で問い合わせもしてみましたが、やはり「おまとめ・借り換え用の商品は準備していない為、総量規制の対象内になってしまいます。」という返答でした。

総量規制の対象内でおまとめするとどうなる?

総量規制では「年収の1/3までしか借り入れができない」と定められています。

つまりモビットの限度額である800万円の借り入れをするには、2400万円もの年収が必要です。

したがっていくら限度額が高いといっても、多額の借り入れをおまとめするには、かなり高いハードルがあると言えるでしょう。

モビットでのおまとめ・借り換えローンは△

上でご説明したように、モビットのおまとめでの借り入れ限度額は限られています。さらに金利に関しても他の業者に比べて特別低いというわけでもありません。

したがって、少額をおまとめ・借り換えしたい方や年収がかなり高い方を除いて、モビットでのおまとめ・借り換えは避けた方が良いでしょう。

モビットはおまとめでなく追加の借り入れや最初の借入先として利用しよう!

借りすぎたぬき
なるほど。モビットでのおまとめって結構ハードル高いんですね。モビットにはすごく魅力を感じていたので残念です。
たぬき博士
そうじゃな。確かにモビットには土日でも即日融資できる、在籍確認の電話や自宅への書類郵送がないというメリットがある。
たぬき博士
じゃがこのメリットを最大限受けられるのは、最初の借入先や追加借り入れ先としてモビットを利用するものなんじゃよ。
モビットカテゴリーへ戻る

関連記事