みずほ銀行カードローンで借金一本化!おまとめ・借り換えで利息をゴッソリ削ろう!

もしも借金のおまとめ・借り換えを考えているのならみずほ銀行カードローンがオススメです。

みずほ銀行カードローンは、

  • 低金利3.5%~14.0%
  • 最大借り入れ限度額1000万円

など、おまとめ・借り換えローンとして利用しないともったいないくらいのスペックです。

他社の借り入れをみずほ銀行カードローンで一本化すれば、今までより大幅に利息を減らすことができます。

みずほ銀行カードローンがおまとめローンに向いている理由

みずほ銀行カードローンはおまとめローンにピッタリ。それにはちゃんとした理由があります。

みずほ銀行カードローンがおまとめにピッタリな理由
  • 低金利3.5%~14.0%で利息を大幅に削れる
  • 200万円までなら収入証明不要!少額のおまとめに便利
  • 最大借入可能額1000万円で高額のおまとめにもOK

「もう借金生活からサヨナラしたい!」

そう思うならみずほ銀行カードローンがあなたの強い味方になってくれるはずです。

理由①:メガバンクならではの低金利3.5~14.0%

みずほ銀行カードローンは低金利でおまとめにぴったり

みずほ銀行カードローンの魅力はなんといっても低金利3.5%~14.0%。他のカードローンと比較してみても、その金利の低さが目立ちます。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0%
東京三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%

金利が低いということはそれだけ支払う利息を減らせるということ。返済の負担を軽くすることができます。

例えば90万円の借り入れを3年で返済するとどれくらい違いがでるか、

  • みずほ銀行カードローン(金利3.5%~14.0%)
  • 大手消費者金融アコム(金利3.0%~18.0%)

で比較してみました。

90万円を3年(36回)で返済したときの返済額と利息

カードローン 3年後の返済額 利息
みずほ銀行カードローン(14.0%) 111万4203円
(3万1835円/月)
21万4203円
アコム(18.0%) 116万6080円
(3万2537円/月)
26万6080円

※90万円は各カードローンの最高金利が適用される最高の額。
※返済額と利息は各公式サイトの返済シミュレーションで計算。

たった4%の差だと思っていた金利で、5万1877円も利息に違いがでました。さらに利息が減ったことで毎月の返済額も700円ほど安くなっています。

利息とは言ってみればカードローン会社に支払う手数料のようなものです。けど支払う側からすればムダなお金ですよね?

同じ支払うならムダな利息を払わなくていいみずほ銀行カードローンにしたほうが断然おトクです。

借り入れ残高ごとの毎月の返済額

理由②:200万円までの借入れなら収入証明書不要!

みずほ銀行カードローンは200万円以下で収入証明書が不要

みずほ銀行カードローンは200万円までの借り入れに収入証明書類は必要ありません

さらに、あなたがすでにみずほ銀行の口座を持っているなら本人確認書類の提出も不要で即日融資もOK。書類提出ゼロで申し込みができます。

もしも200万円以下のおまとめ・借り換えを考えているなら、限りなく少ない書類で申し込めるみずほ銀行カードローンはオススメです。

みずほ銀行カードローンは本人確認書類不要?!必要書類はたったこれだけ!

基本的にカードローン審査では必要な本人確認書類×収入証明書がみずほ銀行カードローンでは不要!「みずほ銀行の口座を持ってい…

理由③:最高1000万円の借り入れ限度額で余裕をもっておまとめ!

みずほ銀行カードローンは大口融資ができる

みずほ銀行カードローンで借りられる最高の金額は1000万円。だから高額のおまとめにも対応できます。

借り入れ可能額1000万円は他の銀行カードローンと比べても最高水準です。

カードローン 最大借入可能額
みずほ銀行カードローン 1000万円
東京三菱UFJ銀行「バンクイック」 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円

もちろんみずほ銀行カードローンに申し込んだからといって、最初から1000万円まるまる借り入れできるわけではありません。

しかし、みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外

総量規制で年収の3分の1までしか借り入れできない消費者金融カードローンとは違って、あなたの年収に関係なく最高1000万円まで借り入れできる可能性があります。

おまとめローンを組むとなると借り入れする金額も高額になりやすいですよね。そんな人にとっても最高1000万円まで借りれるみずほ銀行カードローンは非常に頼もしいですね。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

おまとめローンとして申し込む前に知っておきたいポイント

みずほ銀行カードローンはおまとめローンとして優秀な機能を発揮します。

しかしおまとめローンとしての利用を考えているのなら、申し込む前に次の3つのポイントを押さえておきましょう。

おまとめとして申し込む前にチェックする3つのポイント
  1. 審査の対策は徹底する必要がある
  2. みずほ銀行の銀行口座が必要である
  3. 最初に借り入れできるのは年収の2分の1程度

ポイントをしっかり押さえてから、みずほ銀行カードローンに申し込む準備をしましょう。

ポイント①:審査の対策は徹底する必要がある

申し込む前に審査に向けてしっかり対策しておきましょう。

みずほ銀行カードローンはあくまでカードローンです。おまとめローン専用ではありません。

実際にみずほ銀行におまとめローンを念頭に申し込みする場合に、申し込み方法に違いはあるか聞きました。

Q.おまとめローンとして利用したい場合、何か特別な申し込み方法はありますか?

A.資金用途(使い道)は自由なので、おまとめ・借り換え目的でも申し込み方法に違いはありません

申し込み方法に違いがないということは、おまとめローンを念頭に審査してもらえないということ。審査は「カードローンでの借り入れ目的」として進められます。

みずほ銀行カードローンの申し込みフォームには「お取引の目的」という項目がありますが、そこには借り換え目的であることをチェックする項目はありません。

mizuhoform

画像引用元:みずほ銀行公式サイト

この項目はみずほ銀行との取引全般(口座開設・キャッシュカード発行など)のことを指しているため、カードローン単体の審査に影響するものではないようです。

おまとめローンとなると借り入れする金額もそれだけ高くなります。それに合わせて審査のハードルが高くなるので、審査に向けた対策はしっかりしておきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査徹底解説!コレ読む前の申し込みは厳禁!

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?それは審査基準を知らないまま申し込んだからかもしれませんね。もしかしたら申し込む…

ポイント②:みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座が必須

みずほ銀行カードローンは口座が必要

みずほ銀行カードローンを利用するにはみずほ銀行の口座が必要です。

カードローンの返済は毎月みずほ銀行の口座から自動で引き落とすことになります。すでにみずほ銀行の口座を持っているならすぐにでも申し込みOK。

またみずほ銀行の口座を持っていないという人でも、

  • WEB完結申し込み
  • みずほ銀行窓口申し込み

どちらの申し込みでも、カードローンとまとめてみずほ銀行の口座開設することができます。

もし家からでることなく申し込みしたいならWEB完結申し込みが便利です。

みずほ銀行カードローンのとっておきの申込方法!あったらいいなが形になる

圧倒的な低金利と200万円まで収入証明書が不要!銀行カードローンでも大人気のみずほ銀行カードローンの申込から融資までを徹底…

ポイント③:最初に借りられるお金の目安は年収の2分の1

みずほ銀行カードローンで初めに借りられる額

みずほ銀行カードローンは最高1000万円の利用限度額があります。しかし契約したその日からまるまる1000万円借りれるわけではありません。

契約した初回の限度額は多くても年収の半分くらいが相場です。

年収 初回限度額目安
300万円 約150万円
400万円 約200万円
500万円 約250万円

※限度額は目安です。カードローンの審査次第で金額は変動します。

みずほ銀行カードローンに申し込んで設定された限度額が、想像していたより少なくなることも考えられます。

その場合は借り入れできた分だけでも他社の返済にあてて完済・解約していきましょう。それだけでも返済の負担を軽くすることができます。

おまとめローンなら高スペックなみずほ銀行カードローンを検討しよう!

ポン太
少額のおまとめ、高額のおまとめ両方に対応できるなんて、みずほ銀行カードローンはおまとめローンの救世主ですね!
たぬき博士
200万円までの借り入れなら収入証明書類なしで申し込みができるから、少ないおまとめを考えている人にも使いやすいんじゃ。
ポン太
みずほ銀行の口座があれば本人確認書類も不要なんですね?提出書類ゼロで申し込みできるなんてスゴイ!
たぬき博士
みずほ銀行カードローンはあくまでカードローン。おまとめローン専用じゃないから、審査に向けて慎重に準備する必要があるんじゃ。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

関連記事