学び舎の登場たぬき紹介

当サイトに出てくるたぬきの紹介をしようと思います。

それぞれ個性的で、あなとと同じようにカードローン選びに迷っているたぬきたちばかり。
たぬきたちのことを理解すれば、より一層カードローンの学び舎で楽しくカードローンについて学べると思います。

ぜひ一度目を通して、自分に1番近しいたぬきを見つけてくださいね。

たぬき博士

たぬき博士
ふぉっふぉっ。わしがみんなに分かりやすくカードローンを教えるぞい。

たぬき博士は当サイトでカードローンについて、丁寧かつ分かりやすく教えてくれるたぬき。
カードローンのことなら何でも知っていると豪語しており、実際に何を聞いても答えてくれる頼りになる存在。

たまに聞いてもいない豆知識を熱く語りだすことがあるので要注意。

年齢不詳だが、たぬきの平均寿命は10歳前後なので、結構歳を取っていても10歳くらいだろう。

ポン太

ポン太
みんなよろしく。僕と一緒に勉強しようね。

中小企業で働くごくごく普通のサラリーマンたぬき。見た目の特徴も特にない。
だからこそどこでも出てくる学び舎生徒の代表的な存在。

年収は400万円ほどで妻帯者。お小遣い制で月3万円が自分で使える額。

最近趣味ができたらしく「今の小遣いじゃお金が足りない…」と嘆いており、カードローンの検討を始めた。

専業主婦たぬき

主婦たぬき
夫に内緒でカードローンを利用したい女性のみなさん、代わりに私が博士に気になる質問をぶつけます。

ポン太の妻で専業主婦をしている。もちろん収入はゼロ
ポン太からお金の管理を任されているしっかり者のたぬき。

最近ママ友との交際費が高く、地味にお金が足りない。

少額で良いからカードローンを利用できないかなぁと考えている。
ただ、自身が収入ゼロなので本当に借りれるのか、夫にバレないのか不安

ダメ吉

ダメ吉
カードローンなら簡単にお金が手に入るんだってよ。え?この考え方ってダメ?

日雇いバイトや派遣バイトで生計を立てているフリーターたぬき。
年収は150万円ほど。意外とバイトはサボらずにきちんとこなしている。

しかし、パチンコ・スロット・競馬など様々なギャンブルに稼いだお金の大半を使ってしまう

そのせいで「金がねぇ」と慢性的に言っている。
カードローンの利用も「とりあえずお金がほしい」という理由。

そのためよく博士に怒られているのを目にすることができる。

OLたぬき

OLたぬき
どうしても今すぐ欲しいブランド物のバッグがあるんだけど、どうしたら買えるのかな?

OLとしてばりばり自分のキャリアを積んでいこうとしている美人たぬき。
年収は300万円ほど。働いているわりに少ないと本人は嘆いている。

美人だがなぜか独り身。寂しいらしく合コンをよく開催したり、ショッピングでストレスを発散するのが日常。

よくお金がカツカツになるらしく、どうしても欲しいものがあるときの保険でカードローンを検討している。

学生たぬき

大学生たぬき
旅行に誘われたけど、アルバイトだけじゃちょっとお金足りないんだよなぁ。

一人暮らしの大学生。家賃などは仕送りで支払っているが、生活費はアルバイトでまかなっている。
年収は保険の関係上、103万円以内

大学の友人に「今度海外旅行行こうぜ!」と誘われたが、日々の生活費だけでもカツカツなので悩み中。

ただ、できるだけ海外旅行には行きたいと思っているので、どうにかして行けないかとカードローンを検討し始めた。

借りすぎたぬき

借りすぎたぬき
えーっと…今日はどこに返済する日だっけ。管理が大変になってきたなぁ…。

あまり多くは語れないが、借りすぎているたぬき。
たくさん借りているだけあって年収は750万円と高い。

いつも複数の返済に追われているため、どうにかして借入先を一本化できないかと、借り換えローン・おまとめローンを検討している。

公務員たぬき

公務員たぬき
カードローンはしっかり返済するなら借りるのは悪いことじゃないと思います。

公務員という安定した職業についており、何事もしっかりしているたぬき。
年収は600万円ほど。

趣味にかけるお金が多いためカードローンを利用している。
必要最低限の金額を借りては、一度も遅れることなく返済するという超優良顧客。

どこのカードローンでも歓迎される存在である。

経営者たぬき

経営者たぬき
新規事業を始めるお金がない…。そういえば従業員のボーナスも支払わないとな。

法人経営をしているたぬき。
しかし、決して会社の業績は芳しくない様子。

一発逆転をかけて新規事業を考案するが、そもそも事業資金がないため凍結中。
銀行融資は断られたため、どこか助けてくれるところはないか探していたところ、ビジネスローンを発見する。

金貸しコンコン

金貸しコンコン
計画的なカードローン利用を心がけてくださいね。

なぜかどこのカードローン窓口にでもいるキツネ。
基本的にたぬきたちの審査は彼が行っている。

いつも物陰からたぬきたちのことを見守っているので、できるだけ貸したい気持ちはある様子。
時には博士に代わってカードローンの説明をしてくれることもある。