一番オトクなおまとめ・借り換えローンが決定!金利をガチンコ比較!

借りすぎたぬき
おまとめローンを選ぶ時には何を優先すればいいんでしょうか?
たぬき博士
選ぶポイントは審査・融資スピード、限度額、金利といろいろあるが、やはり決め手は金利じゃな。
借りすぎたぬき
確かに大事な要素だとは思うけど、なぜおまとめローン選びにおいてそんなに金利のウェイトが大きいんですか?
たぬき博士
普通のカードローン以上に、おまとめローンは金利によってその質が大きく左右されやすいからじゃよ。

おまとめローン選びに金利が不可欠なワケ

通常のカードローンより借入れが大きいので返済が長くなりやすい

おまとめローンは返済が長くなりやすい

おまとめローンを組もうと考えている方の多くは100万を超える借入れがあります。金額が高いので、返済も数カ月では終わりません。

通常のカードローンと違っておまとめローンは金額や返済の面で負担が大きいため、少しでも負担を減らすには「金利」がカギになってくるのです。

金利が違うだけで払うべき利息の差が歴然!

おまとめローンでは金利が命

どんなにわずかな金利の違いでも、返済総額は大きく変わります。

例えば300万円の借入れを48か月で返済しようと思ったとき、金利が異なるAとBの2社が候補にあがりました。

返済シュミレーションで返済総額と利息の合計で2社を比較すると、以下のようになります。

A社(17.8%) 4,214,947円
B社(14.5%) 3,971,208円

2社の金利の差はわずか3.3%ですが、利息の差はなんと243,739円です。これは48ヶ月で計算したものですが、返済期間が長くなるほど利息の差はより明らかになっていきます。

同じ金額を同じ期間で返済する時に、金利の低さがいかに大切かわかります。

借りすぎたぬき
数%違うだけで利息の差は数十万単位になってしまうんですね。
たぬき博士
「たかが数%、されど数%」じゃな。じゃから、おまとめローンを組む時は普通のカードローンを選ぶ時よりも金利を重視するべきなんじゃ。

本当に「低金利」でおまとめローンを組むために

低金利でおまとめローンを組むコツ

最高金利に注目しよう

カードローン会社を探していると、必ず「○%~○○%」といったように紹介されています。ここで注意してほしいのが、低金利というのは「最高金利が低い」ということです。

思わず小さい方の数字に目が行きがちですが、実際に借りる時に最低金利で借りられることはほとんどありません。最高金利で借入れをした時を想定して業者を選びましょう。

金利表記についての解説は以下の記事を参考にしてください。

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

銀行と消費者金融の金利の違いを知ろう

金融機関によっても金利は大きく変わります。銀行と消費者金融を比べると、一般に銀行の方が金利が低く設定されています。

おまとめローンのようなまとまった金額を低金利で借りるなら、まずは銀行のカードローンを検討するのがオススメです。

銀行と消費者金融の金利比較については以下の記事で詳しく説明されています。

消費者金融VS銀行!金利で選ぶならどっち?

消費者金融と銀行のカードローンでは、金利の特徴が大きく異なります。単純に、「銀行が低金利だから銀行が良い」とも言えませ…

みずほ銀行カードローンなら低金利でオトクなおまとめが実現!

たぬき博士
金利の比べ方を間違うと、低金利だと思っていたのに実際に組んだら「前より損している」なんてことも起こってしまうんじゃ。
借りすぎたぬき
それは避けたいところですね…。じゃあ、金利を比較した末に博士がオススメする業者はどこなんですか?
たぬき博士
低金利という面なら、みずほ銀行がオススメじゃ。
みずほ銀行カードローン バナー

金利 3.5%~14.0%
(3.0%~7.0%)※1
最大借入可能額 1,000万円
総量規制 なし
審査時間 最短即日
在籍確認 あり
専業主婦・学生 専業主婦〇学生〇
即日融資 可能※2
無利息期間 なし
スマホ完結申し込み あり

(※1)カッコ内はエグゼクティブプランの金利になります。
(※2)すでにみずほ銀行口座をお持ちの方に限られます。

みずほ銀行カードローンのメリット
  • 限度額は最大で1000万円まで!みずほ銀行より借りれるカードローンはない!
  • 年4.5%~14.0%は業界屈指の低金利!たくさん借りても利息を抑えられる!
  • エグゼプティプランなら年3.0%~7.0%のスーパー低金利に!

みずほ銀行カードローンは業界トップクラスの低金利!

銀行は全体的に金利は低めですが、みずほ銀行は輪をかけて低金利だと言われています。メガバンクのカードローンの金利を比較したのが以下の表です。

みずほ銀行カードローンはメガバンク内でも低金利
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
東京スター銀行 5.8%~14.8%
みずほ銀行 4.0%~14.0%

最高金利だけでなく、最低金利も他と比べると低いので、おまとめローンとして利用するにはぴったりなカードローンといえます。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンは即日融資OK!

みずほ銀行カードローンは即日融資対応

みずほ銀行カードローンは銀行でありながら最短即日融資ができることが強みです。Web完結申し込みで申し込めば、数時間後に審査結果を受け取った瞬間から利用できるようになります。

急きょおまとめローンを組むことになってもすぐに対応してもらえるのは助かりますね。

みずほ銀行カードローンの融資限度額はなんと1000万!

みずほ銀行カードローンなら余裕を持っておまとめ

みずほ銀行カードローンの借入限度額は1000万で、これは他の銀行と比較しても非常に大きい数字です。

おまとめローンは100万を超えるような高い金額であることが多く、他のカードローン会社だと融資の枠ギリギリになってしまう場合もあり、これでは審査に通りづらくなってしまいます。

しかし、みずほ銀行カードローンなら融資の枠に余裕があるので、借入れ希望額が多くても審査には不利に働きません。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンでのおまとめは年収の1/2が限度!?

lowest-interest-omatome-8

総量規制対象外な上、限度額も1,000万円なので、かなりおまとめローンに向いているみずほ銀行カードローンですが、1つだけ注意点があります。

みずほ銀行カードローンで借入できるのは年収の1/2以上という条件があるんですね。
年収300万円の方なら最高で150万円、年収100万円の方なら最高で50万円という感じです。

そのためかなり大きなお金をおまとめしようと考えている場合、おまとめしきれない可能性がないとは言い切れません。

とはいえ、基本的に総量規制があるので複数の消費者金融から借りていても年収の1/3以上になっていることはないでしょうし、銀行も総量規制や他社借入状況を踏まえてお金を貸し出します。
自分の年収の半分以上を超えるお金を借入しているケースはきわめて珍しいでしょう。

みずほ銀行カードローンの年収1/2の借入までという条件も、そこまで気にする必要はないと思います。

金利を正しく比べてお得なおまとめローンを実現させよう

借りすぎたぬき
負担を少しでも軽くするために、おまとめローンは低金利を追求した方がいいんですね。
借りすぎたぬき
その業者が低金利かどうかを確かめるには、最高金利を見ればわかるのか。
たぬき博士
その通りじゃ。金利が低い業者でおまとめローンを組めれば、おぬしのおまとめローンは成功したと言っても良い。
たぬき博士
じゃが、さきほどオススメしたみずほ銀行のように、低金利でも色々制約がある業者があるから、金利を優先しつつ、それ以外の面にもちゃんと目を向けて業者を探すんじゃぞ。
借りすぎたぬき
はい、博士の言葉を頭に入れてもう1度探してみます。今日はありがとうございました。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

おまとめローン・借り換えローンカテゴリーへ戻る

関連記事