とにかく低金利で借りたいあなたへ。カードローンの金利について徹底解説します!

たぬき博士
「低金利で、安くカードローンを借りたい」と誰もが考えておるじゃろう。そんな時に気になるのが、金利じゃな。
たぬき博士
じゃが、本当に安く借りたいのなら、「金利が何%か」というところだけに着目してばかりじゃいかんぞ。どんな借り方をするかによって、安く借りる方法は異なるんじゃ。
たぬき博士
今日はとにかく安く借りたいおぬしらのために、カードローンの金利について徹底解説していくぞい!

【利息が安いカードローンを選ぶ

安く借りる方法は人によって様々です。

  • ゆっくり返済する予定の人
    ⇨ 低金利のカードローン
  • すぐに返済する予定の人
    ⇨ 無利息期間のあるカードローン
  • すでに他社から借りている人
    ⇨ 金利の低いおまとめローン

自分の条件にあったところをタップしてください。

【金利・利息に関する基礎知識】

「金利って何?」「利息とどう違う?」「金利はどこを見るべき?」
カードローンを初めて使う人でもわかるよう、金利の基礎の基礎を説明しています。

【知っておけば得する?金利・利息に関する豆知識

借りた後、知っておけば得するかもしれない金利・利息にまつわるトピックをまとめました。

おすすめの低金利カードローンはこちら!

おすすめの低金利の金融業者は以下の通りです。

カードローン 金利(実質年利) 無利息期間 おまとめローン
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% なし
プロミス 年4.5%~17.8% あり なし
東京スター銀行おまとめローン 年12.5% なし とても優れている

※住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

消費者金融 VS 銀行 VS J.Score(ジェイスコア)!金利で選ぶならどれがイイ?

消費者金融と銀行カードローンでは、金利の特徴が大きく異なります。単純に「銀行が低金利だから銀行が良い」ともいえません。…

みずほ銀行カードローン

  • 金利の低さはカードローン随一!
  • 特に長期・高額の借り入れをしたい方におすすめ!

プロミス

  • 低金利&無利息期間あり!
  • 特に短期・少額の借り入れをしたい方におすすめ!

東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン

  • とにかくおまとめローンに最適!
  • 利息総額が大幅に削れる!

J.Score(ジェイスコア

  • 業界トップクラスの低金利!
  • AIスコアにより適用金利が変動!

安く借りたい人が注目すべき3ポイント!

安く借りたければ、注目しないとならないポイントが3つあります。

安く借りるための3ポイント!
  1. 最高金利は何%か
  2. 無利息期間はあるか
  3. おまとめに向いているか

金利の数字だけ単純に見ればいい、というわけではありません。

上記の3つのポイントについて詳しく解説していきます。

まずは最高金利をチェック!

interest-1

どのカードローンでも金利は、「年▼%~▲%」と記載されています。

カードローンの借り入れをすると、最初に適用されるのは最高金利です。

初めて契約した時点では▼%の最低金利では、まず利用できません。

特に多額・長期での利用を考えている方は、わずかな金利の差が返済総額に大きく影響します。

そんな方は、少しでも最高金利が低いカードローンを選んでください。

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

最高金利で選ぶなら、みずほ銀行カードローン

銀行系の中でも高いスペックで選ぶなら、みずほ銀行カードローンがオススメです。

みずほ銀行はとにかく金利が他の銀行系カードローンと比べても低いのが特徴。

銀行系カードローン 金利(実質年利)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローンのロゴ 年4.0%~14.5%
静岡銀行カードローン「セレカ」 年4.5%~14.5%
スルガ銀行「リザーブドプラン」 年3.9%~14.9%

※住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

銀行系カードローンの中でも最高金利が格段に低いことが、上の表からわかります。

審査に突破すれば、いきなり他社よりも金利をおさえて借りることができるんですね。

利息というムダなお金をできるだけ払いたくない方には、一番におすすめできます。

みずほ銀行カードローンに申し込んでみる

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きしましょう。
口座があればスピーディーに審査結果を受け取れます。

みずほ銀行カードローンは低金利!ムダな利息を抑えたいならみずほ一択!

もし急な出費でお金が必要になったとき、財布に低金利で借りれるみずほ銀行カードローンのカードが一枚入っていればどれだけ安…

AIスコアで適用金利が決まるJ.Score(ジェイスコア)

日本初のAIスコア・レンディングであるJ.Score(ジェイスコア)

年収や勤続年数など入力した本人情報をもとに、AIスコアが算出されます

J.Score(ジェイスコア)は、年0.8%※~12.0%と最高金利でもかなり低いです

※年0.8%はみずほ銀行・ソフトバンクまたはワイモバイルおよび
Yahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用
(各情報連携で年0.1%ずつ金利引き下げ・最大0.3%引き下げ)

そのため銀行系カードローン並みに、おトクに利用できる可能性が高いです。

J.Score(ジェイスコア)に申し込んでみる

上のボタンから公式サイトへすすみ、AIスコア診断を試してみましょう。
AIスコア診断自体は無料で5分もあれば終わります。

J.Score(ジェイスコア)は圧倒的な低金利!競合他社と利息を比較してみました!

J.Score(ジェイスコア)の大きな魅力の1つが金利の低さ。融資する金額や期間に関わらず他社のカードローンより安い利息で借り…

短期・少額の借り入れをするなら無利息期間に注目!

interest-2

短期での利用・少額の借り入れを希望する方であれば、金利よりも無利息期間の有無に注目しましょう。

無利息期間を上手に活用しよう

消費者金融などでは初回契約の場合、無利息期間を利用できます。

無利息期間内であれば、返済時の利息が一切発生しません。

多くの業者では無利息期間を、契約してから30日間に設定しています。

短期・少額の借り入れでは、「金利の高さ」は返済総額にあまり影響しません。

一方無利息期間がある業者なら、利息を1円も発生させずに完済することも可能です。

期間内に完済できなくても、無利息期間のない業者よりも確実におトクに利用できます。

【無利息期間ありのカードローン徹底比較】金利0・利息なしをフル活用してタダでお金を借りよう!

【無利息期間ありの消費者金融カードローンを徹底比較!】無利息キャンペーンを活用して、誰よりもおトクに・金利なしでキャッ…

プロミスなら「無利息期間あり」×「低金利」の二刀流

無利息サービスがある主なカードローンは下記の通りです。

カードローン業者 金利 無利息期間
プロミス 年4.5%~17.8% 最初の借り入れから30日間
アコム 年3.0%~18.0% 契約日翌日から30日間
アイフル 年3.0%~18.0% 契約日翌日から30日間

無利息期間のあるカードローンの中でも、おすすめはプロミスです。

プロミス バナー

プロミスの主なメリットは以下の通りです。

  • 無利息期間が最初の借り入れの翌日から始まる
  • 他の消費者金融よりも金利が低め

プロミスでは無利息期間が「最初の借り入れの翌日」から始まるため、よりサービスを活用しやすいです。

それに対して他のカードローンは、「契約日の翌日」に無利息期間が始まってしまいます。

また金利そのものもプロミスは、他の消費者金融に比べて低めに設定されています。

「銀行カードローンは審査落ちが不安」という人も、プロミスなら審査のハードルはさほど厳しくないはず。

特に1年以内に完済したい・50万円以下の借り入れで十分という方にオススメです。

プロミスに申し込んでみる

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

プロミスは即日融資OK!WEB契約 or 来店契約で最短1時間融資を実現しよう!

プロミスは即日融資OK!最短30分審査・最短1時間融資で、今日中にお金を借りるのに最適のカードローンです。ただし契約方法によ…

他社の借り入れがある方は低金利おまとめローン!

interest-3

すでに他社からお金を借りていて、より低い金利の業者を利用したい人はおまとめローンがおすすめ。

おまとめローンとは、複数のカードローンの借り入れを1社の借り入れとしてまとめることです。

金利が低いカードローンにおまとめすれば、支払わないといけない利息総額を大きく減らせます。

「どれくらいおまとめできるか」にも注目!

おまとめローンを組む場合、金利の低さの他に「どれだけ借金をまとめられるか」も確認しましょう。

いくら金利が低くても、借り入れの一部しかおまとめできなければ意味がありませんよね。

どれくらいおまとめできるかを判断するには、利用限度額を見るのが大事です。

しかし単純に利用限度額が高ければいいというわけではないので、注意しましょう。

総量規制の対象となる業者からは、年収の3分の1以上の融資を受けられないからです。

できるだけたくさん借金を減らすなら東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン

とにかくたくさんおまとめして、安く借りたい人におすすめなのが、東京スター銀行おまとめローンです。

おまとめ専用のカードローン業者なので、他社借り入れによって審査に不利になることがありません。

また総量規制の対象外で利用限度額も1,000万円なので、高額のおまとめも十分にできます。

さらに東京スター銀行おまとめローンは追加借り入れも可能なので、急にお金が必要になった時も安心です。

金利も年12.5%と超低金利なので、おまとめによりおトクに借り換えられるでしょう。

東京スター銀行おまとめローンに申し込んでみる

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
複数の他社借り入れを年12.5%でおトク一本化できます。

【東京スター銀行おまとめローンの審査基準6つ】審査に落ちた理由からハードルを読み解く

スターワン乗り換えローンで借金を1本化するには審査基準6つのクリアが必須…一見難しそうですが、実はほとんどの人が満たせてい…

増額審査に通れば金利をより低くできる

interest-4

カードローンは、契約後でも金利を下げてもらうことも可能です。

増額審査」に突破すれば、カードローンの金利をより低くおさえられます。

増額審査とは?

増額審査は、カードローンの利用限度額を引き上げてもらうための審査です。

審査に突破すれば利用限度額が上がり、金利も同時に下げられます。

ただし審査突破には、ある程度の利用実績や返済能力の向上が必要です。

どのカードローンでも利用限度額が高くなるほど、金利も低くなりやすいです。

利用限度額が高くなったからといって、借り入れを増やす必要は一切ありません。

そのため多く借り入れる予定がなくても、増額審査に通るメリットはあります。

ただし過去に延滞してしまうと、増額審査には通らなくなるので注意してください。

今さら聞けない金利にまつわるQ&A

Q1. そもそも金利って?利息との違いは?

A1. 金利はお金のレンタル料(利息)を決める割合。借りたお金に金利(%)をかけたのが利息です。

interest-5

カードローン業者は返済時にレンタル料として利息を回収することで、利益を出しています。

レンタル料である利息を、借りたお金(元金)から何%徴収するか決めた数値が金利です。

カードローン業者からすれば、ただでお金を貸していては商売になりませんからね。

金利の仕組みや計算方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

いまさら聞けないカードローン金利の仕組み。数字が苦手なあなたも安心の丁寧解説

そもそも金利って何?計算方法は?利子や利息との違いは?今さら聞けない金利の基礎の基礎から丁寧に解説します。

Q2. 低金利で選ぶなら消費者金融より銀行系カードローンがいい?

A2. 銀行系カードローンの方が金利は低いですが、短期・少額の借り入れは消費者金融の方がおトクです。

interest-6

多くの銀行系カードローンの最高金利は、年15.0%前後で設定されています。

それに対し消費者金融の最高金利は、年18.0%となっているところが多いです。

だからといって金利の低い銀行系カードローンにしようと判断するのは、完全に早とちり。

多くの大手消費者金融では、30日程度の「無利息期間」を設けているからです。

短期・少額の借り入れなら、無利息期間がある消費者金融のほうがおトクに利用できます。

逆に長期・高額の借り入れでは、無利息期間を利用しても最終的な返済総額はあまり削れません。

単純に最高金利が低い銀行系カードローンを選ぶのが賢明でしょう。

Q3.支払いが遅れたら金利が高くなるって本当?

A3.金利が高くなるわけではありませんが、金利とは別で遅延損害金が発生します。

interest-7

返済が1日でも遅れると、遅延損害金と呼ばれる罰金が金利と別に発生します。

通常、遅延損害金は最高金利と同じ値に設定されていることが多いです。

つまり延滞すれば、通常の金利にさらに20.0%の金利が上乗せされるようなもの。

支払い金額は確実に増えてしまうので、注意しましょう。

カードローンの遅延損害金をわかりやすく解説!延滞に対する罰金はいくら?

現在カードローンの返済を遅延している方、これから遅延してしまう方が最も不安に感じているのは遅延損害金についてなのではな…

Q4.「払い過ぎた金利を取り戻そう」というCMをよく見るけどあれは何?

interest-8

A4.「過払い金請求」のことです。

2010年6月18日に改正貸金業法が施行される前は、今よりも金利の規制は厳しくありませんでした。

過払い金請求では、以前払い過ぎていた利息を取り戻すよう業者に請求することができます。

カードローンの過払い金については、以下の記事で詳しく解説しています。

CMでよく聞く過払い金請求ってなに?損しないための、お金のイロハ

現在も頻繁に過払い金請求のCMが流れていますね。皆さんも自分が過払い金請求できるか気になっているのではないでしょうか。当…

借金を減額するための方法4つ!借金を減らしたいすべての人に捧ぐ!

ふくれてしまった借金の返済にお困りの人は、債務整理を検討してみましょう。借金を減額できる4つの債務整理の方法を中心に、そ…

スポンサーリンク