はじめてのカードローン!借り入れ1年生が最初に読むページ

たぬき博士
お金が必要になったときに、どうやってお金を準備するか悩むのぉ。カードローンはそんな人たちにとって身近に使えて便利なサービスなんじゃ。
たぬき博士
カードローンでお金を借りるのがはじめてという人は不安もあるじゃろう。今回そんなカードローン1年生が知りたいことをまとめて説明するぞい!

カードローンはじめてなら最初に選ぶべき業者は?

はじめてならプロミス

はじめての借り入れはどこのカードローン業者を選べばいいか迷ってしまいますよね?

あなたがもし「どこで借りたらいいのかわからない」というカードローン1年生なら、最初は借りやすくて、返しやすいプロミスを選ぶのが良いでしょう。

カードローンがはじめてなら安定性バツグンのプロミス

恐らく誰もがプロミスの名前を聞いたことがあるはず。テレビのCMや電車のつり革広告でよく見かけますよね。

プロミスはカードローンの中では大手ということもあり、利用者に寄り添ったサービスが好評なカードローンです。

そしてカードローンがはじめての人にも使いやすい以下のメリットがあります。

プロミスのメリット4選

  • 土日・祝日でもその日の内に、しかも最短1時間でお金を借りることができる。
  • 30日間無利息でお金を借りられる
  • 審査の門戸が銀行より広い
  • 最低返済額が1000円~と返済しやすい

プロミスなら借りやすくて返しやすいので、はじめてのカードローンでも安心ですね。

プロミスの公式サイトはこちら

はじめてのカードローン選びのポイント

カードローン選びのポイント
たぬき博士
まだカードローンについて詳しくないのなら、最低限押さえておくポイントを知っておけば失敗することは無いじゃろう。
たぬき博士
はじめてのカードローン選びに役立てられるようにポイントを4つに絞ったぞい!

カードローンの業者は大手から地方まで、その数は100種類を優に超えます。その中からカードローンをはじめて借りようとする人が、良いものを選ぶのは至難の業です。

ここでは、はじめてカードローンを選ぶ人は何を基準に業者を選んだら良いのか、以下の4つにポイントを絞って紹介します。

  はじめてのカードローンで押さえるポイント
  1. お金を借りられるまでのスピード
  2. 無利息サービス
  3. 審査の通過率
  4. 毎月最低いくらから返済するのか

このポイントを押さえて自分にあったカードローンを探しましょう。

ポイント1:お金を借りられるまでのスピード

借り入れスピード

はじめてカードローンを利用するという人は、急いで手元にお金が必要だという人が非常に多いようです。

カードローンでは最短で「即日融資」が可能なサービスを提供している業者も少なくありません。

ただし、ここで注意してもらいたいのが、業者ごとに即日融資を受けるための条件が違ってくるということです。よくあるのが以下のような「時間」や「書類」が条件になるものでしょう。

  • 平日の昼12時までに申し込まなければいけない
  • 収入証明書(年収がわかるもの)を準備しないといけない
  • あらかじめ〇〇銀行の口座を持っていないといけない

条件を満たせなければ、翌日以降の契約手続きとなり、それだけお金を借りるまでの時間が延びることになります。

「即日融資」と書いてあるからすぐに借りられるというわけではないので、その条件もしっかり確認しましょう。

ポイント2:無利息サービス

無利息サービス

お金を借りたら返さなければいけません。返済する際に気になるのはやっぱり金利ですよね。金利が低ければ利息も低く抑えられ、逆に金利が高ければ利息もそれだけ高額になってきます。

ただし、2006年に賃金業法と呼ばれる法律が改正されたことにより、業者ごとの金利に大きな違いは見られなくなりました。違っても3~5%程度です。

するとこんな疑問が浮かびますよね。

だったら、どこで借りてもそれほど違いは無いのでは?!

実際その通りです。

金利にこれほど差が無くなってきたのなら、返済する期間が無駄に長くない限り、最終的な返済額にそれほど違いはありません。

そこではじめてカードローンを利用する人に注目してもらいたいのが無利息サービスです。

無利息サービスとは、はじめての借り入れの人に限り、〇日間は無利息でお金を借り入れできるサービスのことで、その期間内は金利が適用されません。

2006年以降低金利は当たり前になりました。そこで他の業者と違いを持たせるために無利息サービスを取り入れる業者が増えたようです。

ゼロより安いものはありません。はじめての借り入れならこの無利息サービスは外せませんね。

ポイント3:審査の通過率

審査の通過率

カードローンを申し込めば、全員が全員お金を借りれるというわけではありません。

当然融資する側が「この人は本当に貸したお金を返してくれるだろうか?」ということを見定めるための審査があります。

そのカードローン業者によって審査の基準が違ってくることもあり、「あの業者は審査が甘い」とか、逆に「この業者は審査が厳しい」という言葉をよく見かけるはずです。

カードローン業者がどれだけの人を審査に通すかをパーセンテージで表したものを審査通過率と言います。審査通過率が高い業者ほどお金を貸してくれやすいということです。

以下に代表的な業者の審査通過率を表にしました。

カードローン 審査通過率
アイフル 44.5%
プロミス 43.4%
新生銀行カードローンレイク 38.7%

ほとんどの場合審査通過率が50%を超えることは無く、2人に1人は審査に通ります。

カードローンを選ぶときに知っておいてほしいのは、金利が低かったり無利息サービスの期間が長いカードローンほど審査通過率も低くなる傾向があることです。

審査通過率は金利サービスとのバランスを見て、「金利は低めで、審査通過率は高いカードローン」を選ぶようにしましょう。

ポイント4:毎月の最低返済額

最低返済額

はじめてのカードローンで気になるのが「毎月最低いくらずつ返済しないといけないのか?」ということですよね。これを最低返済額といいます。

カードローンでお金を借りられても、あとから返済が負担になることは避けなければいけません。そのため最初は最低返済額の低い業者を選ぶと良いでしょう。

以下でカードローンごとの最低返済額を表にしました。

カードローン 最低返済額
プロミス 1000円~
アイフル 4000円~
新生銀行カードローンレイク 5000円~
みずほ銀行 1万円~

※最低返済額はいくら借りたかによって変わってきます

月によっては急な出費などで手元にお金がそれほど残らないこともあるでしょう。毎月手元に入ってくるお金と出ていくお金がが一定しているとは言い切れません。

そんな時に低めの最低返済額はお財布の負担になりにくいというメリットがあります。

返せるときにはたくさん返す、返せないときは最低返済額だけでも返す」というように柔軟な対応ができるでしょう。

最初に紹介した「プロミス」は借り入れがはじめての人にも使いやすいカードローンになっています。

はじめてでも安心! プロミス

カードローンデビュー!まず何から始めたらいい?

たぬき博士
カードローンを申し込むと言っても何から始めたらいいのかわからんという人もおるじゃろう。ここではカードローンの申し込み方法について解説するぞい。
たぬき博士
申し込みから借り入れまでの大まかな流れを知っておくと対策をたてやすくなるんじゃ。

「けど、何から始めたら良いかわからない!」という方のために、ここでは以下のように融資を受けるまでの大まかな流れを紹介していきます。

  1. 申し込み前の準備
  2. 申し込み
  3. 審査
  4. 契約完了
  5. 借り入れ開始

しっかり確認してからカードローンを申し込みましょう。

①申し込む前に準備する書類

必要書類

申し込む際に必要な書類は何かをあらかじめ確認しておきましょう。代表的なのは以下の2つ

  カードローンの申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類
    運転免許証、保険証、パスポートなど
  • 収入証明書類
    源泉徴収票、確定申告書、給与明細など

カードローンを申し込むときにほぼ100%必要になるのが運転免許証のような本人を確認できる書類です。

そのカードローンによっては運転免許証以外にも、保険証やパスポートを本人確認書類として受け付けているところもあります。

少し面倒なのが収入証明書です。「実際に収入があるのか」を証明するための書類で、すぐ手元に準備できないものも少なくありません。

しかし、ほとんどのカードローンで「〇万円以内の借り入れなら収入証明書類はいりません!」と言っているので、借り入れ希望額をそれ以内に抑えれば書類が一つ減ることになります。

カードローンの必要書類!使える本人確認書類と収入証明書すべてわかります!

カードローン審査に必要な書類にについて、バリエーションから入手方法まで徹底解説しています。 申し込みから借入までスムー…

②申し込み

申し込み

準備が整ったら早速申し込みましょう。作業はたった3つです。

本人情報の記入
お勤め先情報の記入
必要な書類の提出

どれも審査に大きく影響する項目なのでしっかり確認しましょう。

③審査

審査

申し込みが完了したら審査が実施されます。主な審査項目は以下の通りです。

  • 記入した情報と提出した書類に違いは無いか
  • 過去にクレジットカードなどの支払いを延滞したことはないか
  • 記入された職場に実際に努めているか(在籍確認)

この審査であなたが実際にカードローン契約できるかが決まってきます。

押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

カードローン審査で何が見られるか、審査基準について徹底解説しています。闇雲に審査に申し込むより、申し込む前に審査基準を…

④契約完了、借り入れ開始!

契約完了

審査を通過したら契約が完了です。審査の結果は電話やメールで送ってくるなどカードローンによって方法は違ってきます。

そして、いよいよお金を借りることになるでしょう。

初回の借り入れ方法もカードローンによって変わってくるので確認が必要です。即日融資の場合は指定口座にその日の内にお金を振り込んでくれるものもあります。

カードローンと呼ばれているくらいですから、借り入れと返済に使う専用のカードが後日郵送で送られてくるので、そのカードで借り入れ開始です。

はじめての人がよく気になるカードローンのQ&A

たぬき博士
カードローンのことが分からないという人はおぼろげな不安を抱いているものじゃ。
たぬき博士
そこで、右も左もわからないカードローン1年生がよくぶつかる疑問についてまとめたぞい!

ここでははじめてカードローンの利用を考えている人が、よく疑問にあがることをまとめました。

カードローンを申し込むのにまだ不安が残るという方は、ここで解決するかも?

Q1:消費者金融カードローンと銀行カードローンは何が違う?
Q2:保証人・担保は必要なの?
Q3:カードローンはどんな時に使われているの?
Q4:お金を借りるまでにはどれくらい時間がかかるの?
Q5:職場に電話がかかってくるってホント?
Q6:身内や友人、職場の同僚に借り入れがバレることはある?
Q7:お金はどうやって返済するの?
Q8:お金っていくらまで借りられるの?
Q9:延滞すると恐いお兄さんが取り立てにくる?

カードローンは計画的に利用すれば強い味方!

たぬき博士
カードローンはワシらの生活をより充実させてくれるものじゃ。もちろん使い方を間違えれば大変なことになることまでは否定はせん。
しかし、しっかり計画を立てて、正しい使い方を心がければとても強い味方になるんじゃ。
たぬき博士
分からないことがあればこの「カードローンの学び舎」に全部書いておるぞ!一緒にカードローンについて勉強しよう!

プロミスでカードローンをはじめる

カードローンの基礎知識カテゴリーへ戻る

関連記事