5万円を即日で借りる方法!今日中に今すぐキャッシングしたい方必見です!

5万円を最速でその日のうちに手に入れる方法

今日かわいい子たちと合コンすることになったけど、手持ちがない」
「散財しすぎて給料日前にお金がない
クレジットカードの引き落とし日だけど、残高不足で払えない」

急に5万円程度が必要なことに気づいたり、必要になる場面って誰でも経験することだと思います。

すぐにお金を手に入れる方法として親や友人に借りるという方法がありますが、5万円はなかなかの大金ですし、親や友人に気軽に貸してくれと頼めることでもありません。
そもそも頼んだとしても、すぐに5万円をポンと貸してくれるものでしょうか。

自分に当てはめてみるとなかなか難しいことですよね。
それに家族や友人に頼るのは、信頼関係を崩しかねないのであまりオススメできません。

「でも今すぐ5万円が絶対に必要なんだ…!」
そんな方にオススメしたいのが5万円をカードローンで借りる方法です。

今回はどうやって5万円を即日でカードローンで借りれば良いのか、どこのカードローンで借りるのが良いのかをわかりやすく解説していきます。

5万を即日で借りるためには即日融資対応のカードローンが必須

5万円を即日融資できるカードローンを選ぶ

いつでもいいから単純に5万円を借りたいのであれば、どこのカードローンを選んでも構いません。

今までずっとクレジットカードの支払いを延滞していたり、以前に借金の返済を長い間放置していたという事故情報付きの方(ブラック)でなければ、どこのカードローン会社でも貸してくれるでしょう。

※「成人していて、自分で働いて給料を得ている人」というのは大前提です。

しかし「今日中に」という条件がつくと話は大きく変わってきます。

  1. 必要書類をそろえて申し込む
  2. 申し込んだその日のうちに審査を終わらせる
  3. 審査後すぐに契約・お金を借りる

上の3ステップを1日でこなせる即日融資対応のカードローンを選ばなければなりません。
カードローン会社の中には即日融資に対応していないところも多数あるので、間違って申し込むと「結局その日のうちに5万円手に入らなかった…」なんてことになってしまいます。

焦る気持ちはわかりますが、きちんと即日融資に対応している業者を選びましょう。

5万円の即日融資におすすめのカードローンTOP3!

1位 プロミス

プロミス バナー
即日融資の締切 20時までの申込
土日・祝日 ○(20時までに申込)
審査・融資スピード 最短30分/最短1時間融資
審査通過率 43.4%
必要書類(5万円申込時) 本人確認書類
最低返済額(5万円借入時) 2,000円
無利息サービス 30日間※1
WEB完結申込 14時までに契約完了※2

※1 30日間無利息の利用にはメールアドレス登録とWEB明細登録が必要です。
※2WEB完結の対象金融機関は200行以上あります

  プロミスが5万円の即日融資におすすめな理由
  • カードローン最速の審査&融資スピード!申込から最速1時間で借りられる!
  • 5万の借入なら月々の返済額2,000円から!借入後の負担が軽い!
  • 無利息サービスのおかげで30日以内の返済なら利息ゼロ!
たぬき博士
圧倒的な審査・融資スピードのプロミスが1位じゃ。5万の借入なら最低返済額2,000円、無利息サービスありと借入後の負担が少ないのも魅力じゃの。

プロミスの公式ページはこちら
※女性オペレーターを希望の方の申し込みはこちらから
プロミスレディース公式HP

2位 アイフル

アイフルバナー
即日融資の締切 21時までの申込
土日・祝日 ○(21時までに申込)
審査・融資スピード 最短30分/最短即日
審査通過率 46.0%
必要書類(5万円申込時) 本人確認書類
最低返済額(5万円借入時) 4,000円
無利息サービス 30日間
WEB完結申込 14時までに契約完了
  アイフルが5万円の即日融資におすすめな理由
  • 平日・土日祝日ともに21時まで即日融資のチャンスあり!
  • 審査通過率が高く、審査は最短30分!
  • 30日の無利息サービスありで5万をムダな利息なく返せるかも?
たぬき博士
審査通過率が高く、30日の無利息サービスもあるアイフルが2位じゃ。すぐ審査に通って、利息ゼロで返せるアイフルは少額融資向きといえるの。

アイフルの公式サイトはこちら

3位 モビット

モビットバナー
即日融資の締切 20時までの申込
土日・祝日 ○(20時までに申込)
審査・融資スピード (※)最短30分/最短即日
審査通過率
必要書類(5万円申込時) 本人確認書類
最低返済額(5万円借入時) 4,000円
無利息サービス なし
WEB完結申込 14時までに契約完了

※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がございます。

  モビットが5万円の即日融資におすすめな理由
  • 電話連絡なしで職場バレの心配なし!審査時間も大きく短縮!
  • 20時までの申込で土日・祝日でも即日融資できる!
  • 最短審査30分で申込から借入まであっという間!
たぬき博士
電話連絡なしのモビットが3位じゃ。どうしても職場への電話連絡が嫌だという人はモビットを選ぶと良いぞ。

5万を即日で借りるためのカードローンの選び方5選!

5万円にぴったりのカードローンの選び方5選

即日融資に対応しているカードローンを選ぶのは大前提ですが、さらに素早く、簡単に、かつ返済も楽なカードローンを選べればベストではありませんか?

即日融資に対応しているとはいっても、各カードローンによって即日融資の条件は異なります。
その日に借りるために、かなり難しい条件をクリアしなければならないところも多いんですよね。

だからこそ5万円を確実に即日でキャッシングするには、即日融資可能なカードローンの選び方を知っておく必要があります。

  1. 即日融資の締め切りまで余裕があるか
  2. 審査スピード・融資スピードに定評はあるか
  3. 土日の即日融資に対応しているかどうか
  4. 無利息サービスはあるかどうか
  5. 最低返済額は低いかどうか

上記の5つのポイントを参考に、消費者金融カードローンと銀行カードローンの簡単な比較も踏まえながら解説していきます。

ポイント1.「即日融資の締め切り」は絶対見るべき

即日融資の締切

まず絶対に見なければならないのが「何時までカードローン会社が即日融資に対応しているかどうか?」です。

「即日融資に対応!」と宣伝していても、各カードローンによって即日融資できる申し込み時間の締め切りはさまざま。
21時の申し込みでも即日融資できるところもあれば、午前中までに申し込まないと不可能なところもあります。

締め切り時間を知らずに申し込んでしまって、結局1円も借りれなかったというのが1番寒い結果です。
仕事の都合上、なかなか早い時間に申し込めない人もいるでしょうし、できるだけ締め切りが遅い方が良いですよね。

自分が申し込もうと考えているカードローン会社は、何時までの申し込みなら即日融資できるのか必ず確認しておきましょう。

以下は代表的な消費者金融・銀行カードローンの即日融資対応可能な締め切り時間です。

【主要な消費者金融・銀行カードローンの即日融資締め切り時間一覧】

種類 平日 土日 備考
アイフル 消費者金融 21時 21時
プロミス 消費者金融 21時 21時
モビット 消費者金融 20時 20時
アコム 消費者金融 21時 21時
三井住友銀行カードローン 銀行 21時 20時
(※19時30分)
※日曜は19時30分までの申込推奨
みずほ銀行カードローン 銀行 ※14時 × ※みずほ銀行の口座が必須
新生銀行レイク 銀行 21時 21時

上の表を見てみると、基本的に消費者金融カードローンのほうが即日融資の締め切り時間まで大きく余裕があることがわかりますね。
この段階で早めの時間に申し込めない人は消費者金融に絞られてきます。

  「即日融資の締切時間」における消費者金融と銀行の比較

消費者金融のほうが遅い時間まで余裕をもって即日融資できる!

ポイント2.「審査スピード・融資スピード」に定評はあるかをチェック!

審査スピード・融資スピード

5万円、人によってお金の価値観は異なりますが間違いなく大金と言えるお金でしょう。
しかし数十万円や数百万円であればともかく、普通に働いているのであればなんとか用意できる金額ですよね。

それでも今すぐ借りたいという方は「本当にせっぱつまっている」のではないでしょうか。
その日のうちというのは当たり前で、できる限り早く借りたいと思っているはずです。

だから今すぐにでも5万円をその手の中に収めたい方は「審査時間と融資スピードに定評のあるカードローン」を選ぶと良いでしょう。

  • 審査時間⇒実際にあなたにお金を貸せるかどうか判断する時間
  • 融資スピード⇒審査後、契約して実際にお金を貸し出すまでの時間

特に一般的に時間がかかるといわれているのが審査時間のほうです。
まぁカードローン会社も無担保・保証人なしで、ただあなたの信用だけを基準にお金を貸してくれるわけですから当たり前ですね。

審査時間に関しては「たったの○分で終わる!」と断言することはできません。
ただし各カードローン会社が公表している審査時間・融資スピードがある程度の目安になるので参考にしましょう。

【主要な消費者金融・銀行カードローンの審査時間と融資スピード一覧】

種類 審査時間 融資スピード
アイフル 消費者金融 最短30分 最短即日
プロミス 消費者金融 最短30分 最短1時間
※インターネット申込の場合
モビット 消費者金融 最短30分 最短即日
アコム 消費者金融 最短30分 最短即日
三井住友銀行カードローン 銀行 最短30分 最短即日
みずほ銀行カードローン 銀行 最短即日 最短即日
新生銀行レイク 銀行 最短30分 最短即日

あくまで予想に過ぎませんが、各カードローンが公表している審査時間や融資スピードは「他社借入がなく、事故情報もついていない方」を審査する場合の平均だと思われます。

他社借入れがある・事故情報がある方は恐らくもっと長くかかると思ってください。

今まで「消費者金融は借入まで早くて、銀行は遅い」というイメージがあった方もいると思いますが、上の表を見てわかる通り、消費者金融も銀行も公表している審査時間に大きな差はありません

しかし、もし同じ人が申し込んだとしたら消費者金融の方が審査が早い傾向があります。

銀行が審査に時間がかかりやすい理由

消費者金融の中でもプロミスは審査時間だけでなく融資も「最短1時間」と公表している数少ないカードローン会社です。

特に「いますぐ5万が必要」という場面では融資スピードが断トツのプロミスは強い味方になってくれるでしょう。

今すぐプロミスから5万借りる

  「審査スピード・融資スピード」の消費者金融と銀行の比較

審査スピード・融資スピードはどちらも互角くらい。若干消費者金融が優勢か?

審査通過率にも注目!審査通過率が高いほうが良い!

審査通過率の高さ

審査通過率とは文字通り、「申し込んだ人がどれくらいの割合で審査に通っているのか?」を示したものです。
例えば100人申し込んで50人が審査に通っていれば、審査通過率は50%。100人申し込んで30人が審査に通っていれば、審査通過率は30%になります。

当たり前ですが、審査通過率が高ければ高いほど、審査に通る可能性は高くなります

5万円という少額の借入なのでよっぽどのことがない限りは審査に通るでしょうが、一応審査通過率もチェックしておきましょう。
やはり審査通過率が高いカードローンほど、審査も早い傾向にあるので、スピーディな借り入れへとつながります。

【主な消費者金融カードローン審査通過率一覧】

 カードローン名 審査通過率
アコム 48.4%
アイフル 46.0%
プロミス 43.4%
モビット

※2015年4月~12月の平均審査通過率を表したもの。モビットは審査通過率未公表。

銀行は審査通過率を公表していないので分かりませんが、大手消費者金融はどこも審査通過率40%を超えています。約2人に1人は通るという計算です。

かなり門戸を広げていると考えられるので、1人1人にかける審査もだいぶゆるめで早めの設定になっている可能性がありますね。

ポイント3.「土日・祝日の即日融資」にも対応しているかどうか

土日・祝日の即日融資

土日・祝日もまとまったお金が必要になることが多いでしょう。むしろ平日よりも可能性は高いですね。

友達とパーッと飲みに行ったり、彼女や奥さんとデートしたり、家族みんなで旅行に行ったり…。
色々な予定が土日には組み込まれているはずです。

そんな時5万円ほどすぐに借り入れできるカードローンがあれば便利ですよね。
土日・祝日でも申込~借入まで即日でできるカードローンがあれば「土日だから金融機関がやっていない…。せっかくの土日なのに楽しめない…。」なんてこともなくなります。

【土日に即日融資が可能なカードローン一覧】

種類 土日・祝日
アイフル 消費者金融 21時まで
プロミス 消費者金融 21時まで
モビット 消費者金融 20時まで
アコム 消費者金融 21時まで
三井住友銀行カードローン 銀行 20時まで
みずほ銀行カードローン 銀行 ×
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行カードローン)
銀行 17時まで

基本的に消費者金融のほうが土日・祝日でも遅くまで即日融資を受けることができます

  「土日・祝日」の即日融資における消費者金融と銀行の比較

消費者金融のほうが土日・祝日の即日融資にも柔軟に対応!

土日・祝日の即日融資は在籍確認に気を付けて!

fifty-thousand-now-6

土日・祝日であっても在籍確認はしっかりと行われるので注意しましょう。

当然ですが土日・祝日であっても、在籍確認であなたが働いていることを証明できなければカードローンを利用することはできません
仮に土日・祝日に自分の勤め先が営業していない場合は、書類での在籍確認をお願いする必要があります。

もちろん要望を受ければカードローン会社もできるだけ応えようとしてくれますが、お願いしたからといって100%書類での在籍確認でOKになるわけではないので注意しましょう。

できる限り土日・祝日でも借入できる可能性を高めるのなら、職場への電話連絡なしに積極的なモビットをおすすめします

モビット即日融資の特徴・手順を詳しくみる

ポイント4.「無利息サービス」があるかどうかが決め手!

少額融資なら無利息サービスがお得

カードローン選びの大きな判断基準として「低金利」であることを挙げる人は多いです。

高金利よりも低金利のほうが月々の返済額を抑えることができますし、最終的に支払う金額も少なくなりますから。
低金利のカードローンを選びたがるのは当然のことだと思います。

しかし5万円ほどの少額の借入であれば低金利より、無利息サービスのカードローンを選ぶべきです。

  • 5万円なら一括に初月で返せる可能性が高い⇒利息ゼロなので低金利よりお得
  • 2~3ヵ月で返済するにしても、結果的に初月利息ゼロの無利息サービスの方がお得

数十万円を借りて1年以上かけてゆっくり返済していくというのであれば話は別ですが、あなたが欲しいのは5万円ですよね。
5万円なら次の給料日に一括で返せるという人も多いのではないでしょうか。

もし無利息サービスの期間内(基本的に30日間)に全額返済できるのであれば、低金利よりも無利息サービスのほうがお得です。
無利息なら利息ゼロですが、低金利だけだと初月から利息は発生しますからね。

また仮に1ヵ月で全額返済するのはきつい、2~3ヵ月で返済したいという場合も無利息サービスの方がお得です。

実際に3ヵ月かけて5万円を返済する場合、無利息サービスありと低金利でどっちがお得なのか計算してみました。

【金利18.0%の無利息サービスありのカードローンAと、金利15.0%のカードローンBで5万円借入した場合】

3ヵ月間(約90日)でかかる利息の違いは…

【カードローンA(金利18.0%、無利息サービスあり)の場合】

50,000(円)×18.0(%)×60(日)÷365(日)=1,479円

【カードローンB(金利15.0%)の場合】

50,000(円)×15.0(%)×90(日)÷365(日)=1,849円

無利息サービスのあるカードローンAのほうが370円お得!

5万円なので数百円の差しか出ませんでしたが、無利息サービスの方が少額の借入ではお得なのは間違いありません。

【無利息サービスのあるカードローン一覧】

 カードローン名 種類 無利息期間
アイフル 消費者金融 30日間
プロミス 消費者金融 30日間
アコム 消費者金融 30日間

上の表を見ればわかるように、基本的に無利息サービスが提供されているのは消費者金融カードローンです。
CMでも30日の無利息サービスを大々的に売りにしていますよね。

三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどの低金利が売りの銀行カードローンでは、低金利なぶん無利息サービスは提供されていません。

  「無利息サービス」の消費者金融と銀行の比較

5万円の借入なら無利息サービスのある消費者金融がお得!

無利息期間は契約した日からスタート

多くの消費者金融は無利息期間を「契約した次の日」から始めます。

場合によっては日にちが少なくなって金利ゼロのメリットを十分に受けられないまま無利息期間が終わってしまうかもしれません。

 カードローン名 無利息期間の開始日
アイフル 契約の翌日
プロミス 借入れの翌日
アコム 契約の翌日

それに対してプロミスの無利息期間は「借入れた次の日」から数えるので30日間まるまる無利息で利用することができます。
プロミスで5万を30日間タダで借りる

ポイント5.「最低返済額」が低いほうが月々の負担は減る!

最低返済額が低いかどうか

もちろん無利息サービスを上手く使ってすぐに返済するのが1番良いのですが、5万円を数千円ずつ時間をかけて返していきたいなぁと思っている方もいるでしょう。
一気に5万返すのは人によっては難しいことです。

そこで各カードローンの最低返済額をチェックしておきましょう。カードローンによって5万円借りた時の月々の最低返済額は異なります

できるだけ安い方が生活の負担にならなくて済みますね。

【主要な消費者金融・銀行カードローンの最低返済額一覧(5万円借入時)】

 カードローン名 種類 最低返済額(5万円借入時)
プロミス 消費者金融 2,000円
アイフル 消費者金融 4,000円
モビット 消費者金融 4,000円
アコム 消費者金融 1,500円
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行カードローン)
銀行 2,000円
三井住友銀行カードローン 銀行 10,000円
みずほ銀行カードローン 銀行 10,000円

主要なカードローンの最低返済額は上記の通り。

バンクイックは例外ですが、銀行カードローンは最低返済額が高めに設定されています。

消費者金融はどこも5,000円を切るかなり安めの最低返済額が設定されていますね。
月々5,000円以下なら、生活に支障が出るレベルの負担にはならないでしょう。

  「最低返済額」の消費者金融と銀行の比較

5万円の借入なら消費者金融のほうが銀行より安い!

消費者金融のほうが5万円の即日融資には向いている

5万円の即日融資なら銀行より消費者金融がおすすめ

ここまで5万円の即日融資に適したカードローンの選び方をお伝えする中で、簡単に消費者金融カードローンと銀行カードローンの比較もしてきました。
5つの項目を振り返ってみようと思います。

 カードローン名 消費者金融カードローン 銀行カードローン
即日融資の締切 遅い時間まで可能 可能だが締切が少し早い
審査スピード・融資スピード 早い 早い
土日・祝日の即日融資 遅い時間まで可能 可能なところもあるが締切が早め
無利息サービス あり なし
最低返済額 安い 若干高め

こうやって見ると、明らかに「少額の借入」という目線でみたときに消費者金融カードローンのほうが優れていますよね。
5万円ほど借入したいのであれば、消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

5万円を確実かつスムーズに即日で借りる流れ

5万円を確実かつスムーズに即日で借りる流れ

あなたが確実に5万円を即日で借入したいのであれば「申込はWEB(インターネット)から、契約は自動契約機」でおこなうのがおすすめです。

  WEB申込⇒自動契約機で契約のメリット
  • WEBから申込むことで審査の待ち時間・自動契約機で入力する項目を減らせる
  • 自動契約機は夜遅くまでやっているので、仕事終わりでも契約しに行ける

最初から自動契約機(店頭)で申込んでしまうと、審査のために入力しなければならない項目もかなり多いですし、なにより審査が終わるまで待たなければなりません。最悪1時間以上待たされることもあります。

さすがに何もすることのない自動契約機で待ちぼうけは嫌ですよね。
その上、審査にまで落ちてしまったら目も当てられません。

だから、まずはWEBで申込んでおくのがベスト。
それだけで自動契約機で入力する項目をかなり減らせますし、審査の結果も家でだらだらしたり、職場で働いている間に通知されます。

審査に通っていたら自動契約機まで出向いて契約しましょう。
自動契約機は夜遅く20~22時頃までは開いているので、忙しい方でも余裕をもって訪れることができると思います。

WEB完結は早めに申し込める人だけ!?15時がタイムリミット!

もう一つ即日融資を簡単に受ける方法として「WEB完結」があります。

その名の通り、WEB上で申込から契約までを完了させる方法です。
スマホやタブレット、パソコンさえあれば家から一歩も出ずにお金を借りることができます

ただし、いくつかWEB完結にはデメリットがあるので気をつけてください。
上で紹介した「WEB完結⇒自動契約機で契約」よりも自由度が下っています。

WEB完結のデメリット

  • 銀行振込での融資になるので申込締切が早い(銀行営業時間まで)
  • 土日・祝日の即日融資は不可
  • 借入に特定の口座が必要になる場合がある
  • カードは後日郵送なので、郵送物による家族バレの恐れがある

手軽にできるイメージのあるWEB完結ですが、ちょっとした制約があるんですね。

特に時間には気をつけてください。基本的にWEB完結だと銀行営業時間の15時までしか即日融資ができません。
申込から契約までにかかる時間を考えると、14時までには申し込まなければチャンスがなくなってしまいます。

どうしてもWEB完結で5万借りたい場合は、できる限り早めの時間(できれば午前中)には動き出しておきましょう

【主要な消費者金融・銀行カードローンのWEB完結条件一覧】

主要な消費者金融・銀行カードローンのWEB完結条件一覧

※クリックで拡大します。

例外として、プロミスとアコムのみ特定の口座を持っていれば、土日でも即日融資ができるのは便利ですね。平日なら消費者金融・土日問わずWEB完結での即日融資は可能ですが、土日はどこも難しくなります。

※プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムは楽天銀行の口座を持っていることが土日のWEB完結即日融資の条件です。

5万円をすぐに借りれる可能性を上げる3つのコツ

5万円をすぐに借りれる可能性を上げる3つのコツ

いざ5万円をキャッシングするカードローンが決まったら、あとは申し込んで審査を受けるだけ!…なのですが、その審査に通らなければ意味がありませんよね。

  1. あらかじめ必要書類を準備しておく
  2. 申込金額は必要最低限(5万円)で申請する
  3. 在籍確認の電話は確実に受ける

そこで確実に即日で5万円を借りるためのコツを、上記の3つに分けて紹介しようと思います。

コツ1.あらかじめ必要書類は準備しておく!不備があると借りれない…。

あらかじめ必要書類は準備

できるだけ確実かつ最速で5万円の即日融資を達成するには、あらかじめ必要書類を用意しておくことが大切です。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 収入証明書(給与明細・源泉徴収書など)

基本的にカードローンでは上記2種の書類を提出する必要があります。
「本人確認書類=身分証明書」「収入証明書=自分の給料がわかるもの」と考えておいただければ結構です。

本人確認書類はいつでもすぐに用意できますが、収入証明書はすぐに手元に用意できるわけではありませんよね。
あらかじめ用意しておく必要があります。申し込みの際に書類に不備があると100%借りれないので注意しましょう。

一応50万円以下の借入、しかも5万円なので収入証明書は不要になる可能性が高いですが、まれに求められることもあります。
万全を期すのであれば、きちんと両方そろえておいたほうが良いですね。

【必読推奨】カードローン審査の必要書類と入手方法マニュアル完全版!

カードローン審査に必要な書類にについて、バリエーションから入手方法まで徹底解説しています。 申し込みから借入までスムー…

コツ2.必要最小限の金額で申込むのが審査スピード、通過率を上げるコツ!

必要最小限の金額で申込む

カードローンにおいて5万円の借入というのは少額に分類されます。
「借入は年収の3分の1まで!」という総量規制のある消費者金融で考えると、理論的には”年収”15万円ほどあれば誰でも借りれます

借りるためのハードルはかなり低いと言えるでしょう。
おそらくほとんどの方が年間で15万円以上は稼いでいるはずですから。

そのためカードローンに申し込む際には借入金額を希望する欄に5万円以上を記入することはできます。
それこそ30万円や50万円の希望で出せば通る人もいるかもしれません。

しかし確実かつ最速で5万円を借入したいのであれば、希望の借入額は5万円で申請してください。

  借入希望金額を5万円で申請したほうが良い理由
  1. 希望金額が大きくなればなるほど審査が厳しくなり、時間がかかる
  2. 必要書類が増えて、手間が増える可能性がある
  3. 最悪の場合、審査に落ちる可能性がある

希望金額を大きくすると上記のようなデメリットがあるんですね。
5万円の申込むより、だいぶ審査のハードルが上がってしまいます

また大きな金額が利用できるようになると、ついついたくさん使ってしまうクセがついてしまいがち。
必要なかった借金が増えてしまうことも考えられます。

審査の通過率とスピード、今後のムダな利用を避けるためにも、5万円きっかりで希望を出すようにしましょう。

コツ3.在籍確認は必ず受けれる体制を整えておく

在籍確認は必ず受けれる体制を整えておく

カードローン審査につきものなのが在籍確認です。
皆さんがきちんと働いているかどうかを、その職場に電話をかけて問い合わせるものです。

この在籍確認を嫌がる人は多いのですが、事前に言い訳を考えるなどの対策をしておけば特に怖がる必要はありません。

本当に問題になってくるのは「在籍確認の電話を誰も受けれないこと」です。

在籍確認の電話は誰が受けても問題ありません。あなた自身が受けても良いですし、職場の先輩や後輩、受付の人でもOKです。
誰が出てもあなたがその会社にいることを確認するのが目的ですから。

しかし誰も電話に出れなかった場合、審査は一発アウト
その時点で借入が不可能になり、あなたの手元に5万円が握られることはなくなります。

必ず在籍確認の電話を誰かしらが受け取れる状況であることを確認しておきましょう。
特に土日に即日融資を希望する場合は、自分の会社がやっているか要チェックです。

電話連絡なしで土日でも5万円借りれるカードローンはこちら

在籍確認で審査落ちはもったいない!絶対通るための対策教えます。

在籍確認があれば、カードローンの利用は目前です。しかし、在籍確認のせいで審査に落ちてしまうことも考えられます。あと一歩…

5万円という少額の即日融資だからこそピッタリの業者を選ぼう!

5万円を即日で借りたいのであれば、即日融資対応の業者を選ぶのは当たり前です。そのうえで1番自分が借りやすい・得するカードローンはどこなのか考えましょう。

即日融資できるカードローンの中でも、特にプロミスは「最短1時間」と驚きのスピードでお金を借りることができます。

5万円だからどこでも良いという選び方をするのではなく5万円だからこそ自分にぴったりのカードローンを選んでみてくださいね。

カードローンコラム・ニュースカテゴリーへ戻る

関連記事

関連記事