カードローン家族バレの原因90%が郵送物!防ぐ方法を解説します。

ポン太
カードローンを利用したいけど、妻にバレたくないな。バレちゃうと心配かけちゃうかもしれないし…

たぬき博士
ポン太君はカードローンの家族バレを気にしておるようじゃな。

ポン太
その通りです!博士、カードローンは家族にバレないように利用することはできますか?

たぬき博士
カードローンが家族にバレてしまうのはカードローン会社からの郵送物が主な原因じゃ。それさえ注意しておれば家族に内緒でカードローンを利用することができるぞい。

郵送物による家族バレを防ぎたいならプロミスがオススメ!

プロミス バナー

数あるカードローンの中でも、1番家族バレしにくいのがプロミスです。

  • WEB申込⇒来店
  • WEB完結

どちらの方法で申し込むにしても、完全に郵送物をシャットアウトすることができます。

プロミスでは他のカードローンのように、わざわざ郵送物が届かないように対策を練る必要はありません。
そもそも郵送物を送ってきませんからね。

またWEB完結なら、プロミスの店舗や自動契約機に入るところを誰かに見られる可能性もゼロ。
家族どころか他人バレもしないのも嬉しいポイントです。

プロミスは、郵送物での家族バレを気にする人はもちろん、誰にも知られたくない人の味方になってくれます。

プロミスの申込はこちら

>>女性が利用しやすいプロミスレディースの申込はこちら<<

プロミスに郵送物を送らせない方法!家族に内緒で借りたい方へ

プロミスで家族に内緒でお金を借りる方法を家族バレの危険度別に解説しています。プロミスには完全に家族に知られることなくお…

カードローンで家族バレしてしまう主な原因は郵送物!

カードローンの利用が一緒に住んでいる家族にバレてしまうのは、ほぼ100%自宅にカードローン会社から郵送物が届くことが原因です。

カードローン会社側はなるべくお金を借りようとしていることがわからないように配慮して郵送してくれますが、一緒に住んでいる人に開けられてしまえば一発でバレてしまいます。

特に消費者金融の場合はたとえ勝手に開封されないとしても、封筒に載っている住所を調べられてしまうとカードローンの利用を疑われてしまうかもしれません。

家族バレをしてしまわないためには、自宅に郵送物が届かないするようにするのが1番です。

自宅への本人確認の電話は心配不要!

カードローン会社から自宅に電話がかかってきてしまうと家族にバレてしまうというイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、こちらは気にしなくても大丈夫です。

カードローンの在籍確認と同じで、カードローン会社はバレないように細心の注意を払って電話をかけてくれます。

カードローンの在籍確認はあっという間!流れや内容をどこよりも詳しく解説!

在籍確認で職場の同僚にカードローンの利用がバレることを心配している人が多いようですね。 しかし、職場に電話がかかってく…

それでも自宅に電話がかかって来るのが嫌だという方でも対策は簡単です。申し込みの際に自宅の電話番号を入力しなければ電話がかかってくることはありません。

家族バレしたくない方は郵送物だけに注意しておけば大丈夫でしょう。

カードローン会社からの郵送物は完全にシャットアウトできる!

  • 申し込み書類
  • 契約書類
  • キャッシングカード
  • 利用明細

カードローン会社から送られてくる郵送物にはこの4つが考えられますが、申し込みから審査、借入まですべて郵送物が自宅に届かないようにすることができます。

電話・ネット申し込み→来店契約、からのWEB明細設定」で家族バレ対策は完璧です。

ステップ①電話・ネット申し込みで申し込み書類の郵送をシャットアウト!

内緒にする方法1

カードローンは電話やネットで申し込むのが一般的ですが、どちらの申し込み方法も申し込み書類を提出する必要はありません。

こちらから「申し込み書類を自宅に送って」とお願いしない限り、みなさんの自宅に申し込み書類が届くことはないと考えてください。

カードローンに申し込む段階では郵送物のことを心配しなくて大丈夫です。

来店申し込みでも申し込み書類の郵送をシャットアウトできるが、、、

カードローンには電話やネット申し込み以外にもう1つ、来店で申し込む方法があります。店舗や自動契約機で申し込みを済ませるため、こちらも申し込み書類が自宅に送られてくることはありません。

ただし初めから来店で申し込んでしまうと、審査が終わるまで店舗や自動契約機の前で待たなければいけないので非効率です。あらかじめネットや電話で申し込んでおいたほうがスムーズに申し込むことができます。

ステップ②来店契約で契約書類・カードの郵送をシャットアウト!

家族に内緒でカードローンを利用する方法2

契約書類やキャッシングカードが自宅に郵送されない方法はただ1つ、実際に窓口や自動契約機に足を運んで契約することです。ここでは窓口や自動契約機でカードローンの契約をすることを来店契約と呼んでいます。

来店契約すれば、その場で契約書類やキャッシングカードが受け取れます。来店するのが面倒だからといってネット完結などで契約してしまうと、契約書類やカードが自宅に郵送されてしまうので気を付けてください。

カードなしで利用できるのはプロミス
プロミス バナー

キャッシングカードなしで利用できるプロミスでは、ネット完結申し込みでもカードの郵送を防ぐことができます。

「郵送物が送られてくるのが嫌だ」「だからといって自動契約機まで出向くのも面倒」という方はプロミスに申し込みましょう。

プロミスの申込はこちら

>>女性が利用しやすいプロミスレディースの申込はこちら<<

カードがなくても借入・返済が便利にできるかどうかが気になる方はこちらの関連記事を参考にしてください。

カードローンなのにカードなし!?プロミスを利用するならカードレス!

「WEB完結」型申し込みが加わったことで郵送物なし・カードレスの利用が実現したプロミス。 カードレスってどんなところが便利…

ステップ③WEB明細で利用明細の郵送をシャットアウト!

内緒にする方法3

家族にバレずにカードローンの借入に成功したからといって安心してはいけません。キャッシングの利用明細からカードローンの利用がバレてしまうことも考えられます。

利用明細とは「この月は○○万円キャッシングして○○万円返済しています」というカードローンの利用履歴の詳細こと。利用明細は自宅に郵送されることがあります。

利用明細から家族バレを防ぐためには、申し込みの際に「WEB明細」を選択してください。ネットから利用明細を確認できるように設定しておくと、自宅に利用明細が郵送されることはありません。

家族バレしないために気を付けるポイント

ポン太
この方法ならポンちゃんにバレる心配はなさそうですね。安心しました!
たぬき博士
そうかそうか。でも安心するにはまだ早いぞ。絶対に家族にバレたくないならこれから説明するポイントもしっかりおさえておくんじゃ。

振込融資は原則NG!

振込融資は注意

カードローンは自分の指定した口座に振り込んでもらう形でお金を受け取ることも可能です。

振込融資の場合はお金を借りるためにカードが必要ありません。そもそもカードを発行しなかったら受け取る必要がないので、家族にバレにくいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし振込融資してしまうと後日カードや契約書類が自宅に郵送されてしまうことになります。

一刻も早くお金を借りたい場合には振込融資しか選択肢がない場合もありますが、家族にバレないことを第一優先にするなら振込融資は控えてください。

振込融資でもカードが郵送されない業者

カードレスで利用できる業者なら振込融資してもカードが郵送されることはありません。カードレスの業者は返済もキャッシングもすべてカード不要で利用できます。

大手消費者金融の中ではプロミスがカードレス利用可能です。

カードローンなのにカードなし!?プロミスを利用するならカードレス!

「WEB完結」型申し込みが加わったことで郵送物なし・カードレスの利用が実現したプロミス。 カードレスってどんなところが便利…

返済の延滞・滞納はNG!

延滞すると督促状

返済が遅れてしまったり、長い間返済しないままにしておくと家族バレしてしまう可能性があります。

初めのうちはみなさんの携帯電話に電話がかかってくるので、そこで対応できれば大丈夫です。しかし、電話を無視してしまうと次はみなさんの自宅に「はやく返済してください」という旨の手紙(督促状)が送られてきてしまうことになります。

この督促状は、まさに家族バレの原因である郵送物ですね。長い間返済をほっておくと家族バレしてしまうことになりかねません。

まずは計画的にお金を借りて毎月遅れずにしっかり返済すること大切です。万が一返済が遅れてしまった場合は、督促状が届かないようにカードローン会社からの電話は無視しないようにしてください。

カードローンの家族バレは自分の力で防ぐことができる!

ポン太
ありがとうございます!これで家族バレしないカードローン利用に「死角なし」ですね!僕はプロミスに申し込んでみようと思います!
たぬき博士
ふぉっふぉっふぉ。よかったよかった。カードローンの家族バレは自分でちょっと気を付ければ防ぐことができるからのぅ。奥さんにいらぬ心配はかけるでないぞ。
ポン太
わかりました!博士、今日はありがとうございます!

プロミスの申込はこちら

>>女性が利用しやすいプロミスレディースの申込はこちら<<

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

関連記事