カードローンの在籍確認はあっという間!流れや内容をどこよりも詳しく解説!

ポン太
カードローン審査の在籍確認って自分の職場に電話がかかってくるんですよね?職場の同僚にバレてしまわないか心配です。
たぬき博士
書類で在籍確認できる場合もあるが、基本的に会社に電話がかかってくるもんじゃな。でもお主は「職場への電話」ということで敏感になりすぎているのではないか?
たぬき博士
電話がかかってくるからといって、電話の内容からカードローンを利用していることがバレることはない。その辺はカードローン会社もしっかり配慮してくれておるんじゃ。
ポン太
ホントですか?でもまだ不安なので、在籍確認について詳しく知りたいです!
たぬき博士
お主は本当に心配症じゃな。まずは在籍確認は何たるか」から解説していくぞい。

在籍確認は「本当に働いているか」の最終チェック!

在籍確認の意味

在籍確認とは、みなさんが金融機関に申告した勤務先が本当に正しいのかどうかを確認する最終チェックです。一般的に各金融機関は皆さんの職場に電話をかけることで在籍確認を行います。

金融機関側としては本当にちゃんと働いていることを確認した上でお金を貸したいはずです。職場に直接電話をかけることで、金融機関側はその人が本当に働いているかどうかが手っ取り早くわかります。

例えば、「年収300万円の公務員」という申告をした人が50万円の借入を希望したとしましょう。過去にカードローンの返済やクレジットカードの支払いを延滞していなければ、審査に通る可能性は高いといえます。

しかし「公務員」という申告が嘘だった場合、「年収300万円」も怪しくなり、本当に返済能力があるのか判断できません。

お金を貸すGOサインを出す前の最終チェックとして、カードローン会社側も在籍確認は欠かせないというわけです。

書類で在籍確認してくれる場合もある

「基本的に」職場への電話連絡で在籍確認が行われますが、書類を提出することで職場に電話をかけずに在籍確認してくれる場合もあります。

  • 保険証
  • 給与明細
  • 社員証

これらの勤務先が明記された書類から、自分が申告した職場で働いていることの確認がとれれば、わざわざ職場に電話をかけて確認をとるまでもないということです。

しかし「確実に書類だけで在籍確認がとれる」と断言することはできません。カードローン会社は「審査の中で必要があれば」職場に電話をかけてきます。「カードローンに申し込んだら職場に電話がかかってくる」と考えておいたほうが無難でしょう。

ただカードローン会社によって「書類での在籍確認に対する姿勢」は異なるようです。「会社に電話がきてほしくない!」という方は、書類での在籍確認に積極的なカードローン会社に申し込むといいでしょう。

実際に取材してみたところ、大手消費者金融のモビットが会社への電話なしの在籍確認を最も前向きに検討してくれました。

下記の関連記事では各カードローン会社の「書類での在籍確認に対する姿勢」を取材調査した結果をお伝えしていますので、是非参考にしてください。

在籍確認なしで職場バレを防げるカードローンはあるのか?実際に問い合わせてみた

カードローン審査の在籍確認。できれば職場への電話は避けたいところですね。というわけで、今回は実際にカードローン会社に電…

電話での在籍確認にまつわる不安を解消!

ポン太
書類での在籍確認に「絶対がない」からこそ、電話での在籍確認に備える必要がありますね。
たぬき博士
お主のように「会社に電話がかかってくる」ということで不安に思っている人も多いじゃろうから、電話での在籍確認にまつわる不安を1つ1つ払拭していってやろう。

カードローン会社がどう名乗ってくるか不安

カードローン会社は個人名を名乗る

まずみなさんが気になっているのは「電話をかけてきた人がどう名乗るか」なのではないでしょうか。「もしもし。大手消費者金融の○○です」なんて言われてしまったら、一発で会社にばれてしまいますからね。

在籍確認の際にどう名乗るかは消費者金融と銀行で若干異なります。

消費者金融の場合は完全に個人名。「もしもし○○ですけど、△△さんはいらっしゃいますか」といった感じです。

一方銀行の場合は消費者金融と同様に個人名を名乗ってもらうか、そのまま銀行名を名乗ってもらうかを選択することができます。

銀行名だけだったら、必ずしもカードローンに関することだとは限りません。口座開設や投資信託など銀行は他の事業も幅広く提供しています。

在籍確認の電話はどのくらい融通がきくのか

消費者金融も銀行も個人名で電話をかけてもらうことができますが、他の会社を偽って名乗ってもらうことはできません。自分の取引先や保険会社などを名乗ってもらうことはできないので注意してください。(他の社名を名乗ることは会社法第八条で禁じられています。)

電話をかけてくれる人の性別なら、あらかじめ相談することで指定できます。男性の方は特に、職場に若い女性から電話がかかってきたら別のこと(不倫など)を疑われることを心配する方もいるようです。

電話番号で借入先がバレないか不安

電話は非通知or携帯なので番号でバレない

職場の固定電話が着信履歴の残るものだと、電話番号でカードローン会社からの電話だとバレてしまいますね。その点も金融機関はしっかり配慮してくれています。

金融機関は在籍確認の際に利用するのは基本的に発信専用ダイヤル(非通知)や個人の携帯電話です。インターネットなどで検索に引っかかりませんし、かけ直されることもありません。

電話番号や着信履歴からカードローンの利用がばれることはないので安心してください。

番号が通知されたとしても安心

会社によっては、非通知の電話が繋がらないようになっている場合があります。

その際は金融機関側も仕方なく番号を通知して電話をかけてくる可能性がありますが、各業者かけ直し対策おり、かけ直しがあった場合にカードローン会社とはわからない社名を名乗ります。

大手消費者金融の一例としてアコムは「ACサービスセンター」、アイフルは「AIセンター」といった感じです。先ほど「別の社名を名乗ったら違法」だと申しましたが、これは皆さんへの配慮としてアコムを「AC」アイフルを「AI」と省略しているだけなので違法にはなりません。

自分が電話に出たら何を聞かれるのか不安

聞かれる内容は氏名と生年月日

皆さんが職場で電話に出た時に、どんな内容を聞かれるかも気になるポイントですね。居住年数や勤続年数、年収などを尋ねられて、電話口で答えていたら同僚から怪しまれても仕方ありません。

上述のように、金融機関の在籍確認の目的は申告通りに働いているかどうか確認することです。年収などの申告は提出された書類の審査で事実確認を行います。

以下が自分が電話に出た際のやり取りの一例です。

審査担当者「もしもし(金融機関)ですが、本人確認のために生年月日をお願いします。」

みなさん「19××年○月△日です。」

審査担当者「在籍確認完了しました。ご協力ありがとうございます。」

本人確認のために生年月日は聞かれることがありますが、他の審査項目について尋ねられることはありません。

他の人が電話に出たらどうなるか不安

第三者に内容は教えない

自分以外の方が最初に電話にでた場合、電話のやり取りの中でカードローンを利用しようとしているのがばれてしまうことを心配している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

職場の同僚が電話のことを不審に思って、用件を尋ねることも十分に考えられます。その場合、金融機関側は適当な言い訳をしてあしらってくれるので安心してください。

以下がその会話のやりとりの一例になります。

職場の同僚「どういったご用件でしょうか。」

審査担当者「申し訳ありませんが、個人的な用件なのでお伝えできません。」

職場の同僚「何の用件かわからなければ電話をお繋ぎすることはできません。」

審査担当者「申し訳ありません。先ほど○○さんの携帯電話におかけしましたが、繋がりませんでしたのでこちらにお電話させていただきました。」

どれだけ用件を尋ねられても、在籍確認の電話をかけてきた人が「カードローンの在籍確認であること」を明かすことはありません

自分が職場にいなくても大丈夫

自分が職場にいないときに、電話がかかって来る場合も考えられます。この場合は電話対応した同僚とのやり取りから職場に所属していることがわかれば在籍確認完了です。

例えば「外出している」と言われれば、たまたま席を外しているだけで、実際は在籍していることがわかります。また「休んでいる」と言われても、続けて「次の出勤はいつか」を聞くことで次の出勤日がわかれば休職中でないこと確認できます。

金融機関側は、申し込んだ本人がいなくても在籍確認がとれるように取り計らってくれるのです。どうしても自分がいる時に在籍確認してほしいという方は、自分の都合のいい時間に電話をかけてもらえないか金融機関に相談してみるといいでしょう。

在籍確認の電話内容で会社に借金がバレることはない!

ポン太
たしかに、これなら在籍確認の電話がかかってきたとしても、職場の同僚に借金がバレることはありませんね。さっきまであんなに心配してた自分が恥ずかしいです。
たぬき博士
そうじゃろ。まだ他に在籍確認で気になることはないか?あるんじゃったらこの際に聞いてくてれてもいいぞ。
ポン太
もう大丈夫です!安心してカードローン審査に申し込むことができます。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

関連記事