カードローンの遅延損害金をわかりやすく解説!遅延に対する罰金の正体とは

ダメ吉
博士、今月カードローンの返済が間に合わなそうなんだけど、何か罰とかあるの?
たぬき博士
もちろんあるに決まってるじゃろ。返済を遅延すると遅延損害金を払わなくてはいけないんじゃ。
ダメ吉
まじかよ博士、急に不安になってきたぜ。一体どれくらい取られるんだ?てかそもそも遅延損害金って何なんだよ…
たぬき博士
まったく。これから遅延損害金について、その計算方法をしっかりと教えてあげるから安心するんじゃダメ吉や。

遅延損害金・遅延利息とは

遅延損害金とは返済期日までにお金を返すことができなかった際に発生する損害賠償金です。遅延利息も遅延した際に発生する利息(損害賠償金)ですので、言い方が違うだけで同じことになります。

簡単に言うと、決められた期日までに返す約束を破ったのだから、その迷惑料を払ってくださいということです。

遅延損害金・遅延利息とは

遅延損害金は返済日よりも1日でも返済が遅れると発生します。延滞してしまったら損害金を、元々借りている額の返済(利息含む)とは別に払わなくてはいけません

遅延損害金を返済するのは次に皆さんが返済をする時です。例えば一週間後に遅れた分の返済をする時に遅延損害金も一緒に払います。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は以下の方程式から計算できます。

遅延損害金=借入残高(借りている額)×遅延損害金年率÷365×遅延日数

遅延損害金年率とは

遅延損害金

遅延損害金年率とは遅延した際にかかる金利のことです。

遅延損害金の金利は営利目的で貸金をしている業者で発生した場合、利息制限法により20.0%を超えることはありません。つまり消費者金融や銀行系カードローンの遅延損害金年率は20,0%以下となります。

貸金業者からの借入における遅延損害金は年20.0%を超えることができません。

引用:全国青年司法書士協議会

以下が主な消費者金融、銀行系カードローンの遅延損害年率です。

キャッシングサービス名 遅延損害金年率(実質年率)
アコム 20.0%
プロミス 20.0%
アイフル 20.0%
モビット 20.0%
みずほ銀行カードローン 19.9%
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 19.94%

ほとんどの業者が上限である20.0%かそれに近い年率を定めていますね。

遅延損害金の計算例

では実際に方程式からどれくらい遅延損害金がかかるのかを計算していきましょう。

計算は先ほども述べましたが【借入残高(借りている額)×遅延損害金年率×365×遅延日数】の方程式を使用します。

(例1)

既に返済を1か月延滞しているAさん。遅延損害金年率が20.0%の業者で返せていないお金は200万円ある。

遅延損害金=200万円×20.0%÷365×30(1か月)=32,876円

(例2)

延滞が2ヶ月を過ぎたBさん。遅延損害金年率が19.0%の業者に借入残高が200万円ある。

遅延損害金=200万円×19.0%÷365×60(2ヶ月)=62,465円

例題からも分かるように大事なのは、延滞日数を延ばさないことです。遅延損害金年率の違いは特に重要ではありません。

 遅延損害金を理解したらすぐに返し始めよう

ダメ吉
延滞をしている人はいち早く返済をするべきなんだな。
たぬき博士
そうじゃな。延滞日数が倍になれば賠償金も倍になってしまう。少額でも早く返すことが重要じゃ。
ダメ吉
早速遅延損害金がいくらなのか計算して、返済計画を立ててみるよ!ありがとう博士。
カードローン 金利カテゴリーへ戻る

関連記事