ビジネスパートナーは審査が甘い唯一無二のビジネスローン!その秘密を教えます。

経営者たぬき
博士、ビジネスパートナーのビジネスローンの審査が他より甘いって聞いたんですが、ホントですか?
たぬき博士
「スモールビジネスローン」のことじゃな。その噂にウソはないぞい。スモールビジネスローンの審査の承認率は高いんじゃ。
経営者たぬき
そんなビジネスローン、あるんですね。具体的にどんな項目が審査でチェックされるんでしょうか?
たぬき博士
うぬ、その辺は気になるところじゃろう。今回はビジネスパートナーの審査基準や審査に通るコツまで解説してやるぞい。
ビジネスパートナーの申込はこちら

ビジネスパートナーの審査は、他のビジネスローンより甘い!

たぬき博士
「ビジネスパートナーの審査は他のビジネスローンよりも甘い」と言えるのには、しっかりと根拠があるんじゃよ。

bussinesspertner-judge-1
ビジネスパートナーの最大のメリットとして、他のビジネスローンよりも審査に通りやすいという点が挙げられます。

当サイトで様々なカードローンやビジネスローンを紹介してきましたが、「審査に通りやすい」と断言できるのはビジネスパートナーくらいです。

基本的に審査の基準や厳しさなどは完全に非公開となっており、問い合わせても答えてもらえません。

しかしビジネスパートナーの場合、ホームページに審査が通りやすいということがしっかり記載されています。

以下で、「ビジネスパートナーの審査が通りやすい」と言える根拠となるホームページの文言を紹介していきましょう。

“独自の審査基準により、承認範囲が広く、承認率が高い”

businessparter merit
画像引用:ビジネスパートナーホームページより

まずビジネスパートナーのホームページに、「独自の審査基準により、承認範囲が広く、承認率が高い」という文章が記載されています。

その「承認率が高い」ローンの一つが、スモールビジネスローンです。このことから、スモールビジネスローンは「多くの人に門戸を開いている」という自信が伺えますね。

“審査通過が不安な方もまずはお気軽にお申込ください。”

businessparter merit1

画像引用:ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」ホームページより

極めつけは、スモールビジネスローン申し込みページに載っている、「審査通過が不安な方もまずはお気軽にお申込ください。」という文章です。

「他社とは違います。」と言い切っていることからもわかるように、多くの事業者に貸し付けを行ってきたという自負があるのでしょう。

ビジネスパートナーは、他社の審査に落ちてしまったり、審査に通る自信が無かったりといった方のいわば「駆け込み寺」となってくれる存在です。

ビジネスパートナーの審査どれくらいで終わる?流れまで解説!

ビジネスパートナーの審査はスピーディ!

bussinesspertner-judge-2

ビジネスパートナーの審査におけるメリットは、たんに通りやすいという点だけではありません。

もう一つのメリットが、審査結果がスピーディ(申込の翌営業日)にわかるというものです。

「事業資金をすぐに調達しなければならない」という方にとって、審査だけでも数週間待つというのは難しいので、スピーディな審査はありがたいですね。

ビジネスパートナーの審査の流れ!

ビジネスパートナーの審査の流れとしては、以下の通りです。

ビジネスパートナー審査の流れ

ビジネスパートナーのホームページ上から申し込み

②必要書類を提出

③ビジネスパートナーから内容確認の電話

④審査結果の通知(翌営業日)

審査をふくめた申し込み全体の流れに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

ビジネスパートナーの申し込み方法・流れを一から解説します。最短翌日審査を完了させる方法とは(準備中)

ビジネスパートナーの審査基準!申込者も事業もチェックされます。

経営者たぬき
ビジネスパートナーの審査が通りやすく、スピーディという点は理解できました。それでも、念のために「どんなところがチェックされるのか」を知っておきたいです。
たぬき博士
うむ、良い心がけじゃの。

ビジネスパートナーの審査においては、申込者情報と事業情報の両方がチェックされます。

どれだけ申込者の年収が高くても、事業の業績がかなり悪ければ審査に通る確率は低いでしょう。逆に事業が絶好調でも申込者が遅延などで過去にブラックリスト入りしていると、借り入れは難しいです。

以下では、ビジネスパートナーの審査基準を申込者情報と事業情報の2つに分けて解説していきます。

申込者情報としてチェックされるビジネスパートナーの審査基準

businesspartner-4

申込者情報としてチェックされる項目は、個人向けのカードローンと同じです。

具体的には、以下の項目が例として挙げられます。

  • 年収
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社からの借り入れ状況

当然、年収は高ければ高いほど審査には有利になります。また他社からすでにたくさん借入れをしていると、審査に不利になるという点も押さえておきましょう。

具体的にどんな条件の方が審査に有利になるのかについては、以下の記事で詳しく解説しています。

押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

カードローン審査で何が見られるか、審査基準について徹底解説しています。闇雲に審査に申し込むより、申し込む前に審査基準を…

事業情報としてチェックされるビジネスパートナーの審査基準

businesspartner-5

ビジネスパートナーにおいては、審査前に登記簿謄本や決算書、確定申告書といった書類の提出が必要になります。

このことからわかるのは、ビジネスパートナーの事業情報としてチェックされるのは、主に以下の2点であるということです。

  1. 経営基盤
  2. 事業の業績

登記事項証明書などを通じて、事業を続けている年数や資本金など、「今後も事業を続ける体力があるか」という経営基盤がチェックされます。
最低でも6カ月以上は事業を続けていた実績がないと、審査に通るのは難しいようです。(ビジネスパートナー担当者の発言より確認。)

また決算書や確定申告書を通じて、事業の収支など「今の事業がどれくらい儲かっているか」という業績が見られます。

要するに、今の事業の儲かり具合と、その事業を支える地盤がしっかりしているか、という点がチェックされるのです。

ビジネスローンの審査に通るコツを伝授!

たぬき博士
ここまでビジネスパートナーの審査について様々な角度から解説してきたが、最後に審査に通るためのコツを教えてやるぞい。
経営者たぬき
このコツを実践すれば、単に審査に通りやすくなるだけでなく、高い限度額や低い金利を適用してもらえる可能性もあるんじゃよ。
businesspartner-6

スモールビジネスローンの審査に通るコツはズバリ、自作の事業計画書を提出するというものです。

なぜ事業計画書を提出するのが審査に通るコツといえるのか

多くのビジネスローンでは事業計画書の提出が審査の条件になっていますが、スモールビジネスローンはその限りではありません。

気になったので、ビジネスパートナーの担当者に電話で問い合わせたところ、以下のような回答が得られました。

突撃!学び舎インタビュー
~「スモールビジネスローンの審査」について~
ポン太
スモールビジネスローンの必要書類の中に、事業計画書は含まれていないんですか?
ビジネスパートナー担当者
はい、事業計画書は提出して頂かなくても結構です。
ポン太
じゃあ事業計画書を提出しても受け取ってもらえないんですかね?
ビジネスパートナー担当者
いえ、そんなことはありません。
ビジネスパートナー担当者
ご提出いただいた事業計画書はチェックさせて頂きます。その上で評価できる材料があった場合には、審査に反映させて頂きます。

つまりスモールビジネスローンにおいて事業計画書の提出は義務ではありませんが、提出すれば審査を有利に進められることもあります。

例えば収支が赤字になってしまっている場合。
事業計画書で「今は○○だから赤字だけど、来年は△△なので黒字になる見込みです」などとアピールできれば、審査に通過する可能性が大きく上がるでしょう。

事業計画書の作り方・出し方は?

経営者たぬき
なるほど。事業計画書を提出すると、審査に通りやすくなるというのは、よくわかりました。でも事業計画書をつくるってなかなか大変そうですね。
たぬき博士
そうじゃの、確かに難しそうに聞こえるかもしれんが、実はそれほどでもないんじゃよ。
bussinesspertner-judge-3

「自作で事業計画書を提出する」と聞くとすごく大変そうに聞こえますが、実はそれほどでもありません。

まず事業計画書のフォームとしては、WordやExelなど、使いやすいものであれば何でもOKです。内容としても、簡潔なもので問題ありません。

その計画書に記載しておくとよい事項は、以下のようなものになります。

事業計画書にはこれを書こう!
  • 決算書に載っていない、売上や経費の詳しい内訳
  • 現在の事業の内容
  • 今後の事業の計画
  • (事業が赤字の場合)赤字への対応策
  • 借入れする資金の利用用途

あくまで事業計画書を提出する目的は、上記の項目を通じて、「返済能力がある」と判断してもらうことです。分かりやすく記入して、様々な点から返済能力をアピールしましょう。

事業計画書の出し方としては、プリントアウトしたものを、本人確認書類などを提出する際に一緒にFAXで送信すればOKです。

元々審査の通りやすさが好評なスモールビジネスローンですが、審査通過をさらに確実にするために、最善の手を尽くしましょう。

スモールビジネスローンの申込はこちら

コツを押さえて、確実な審査通過を。

経営者たぬき
ビジネスパートナーの審査についてよくわかりました。ビジネスローンの中でも審査の通りやすさとスピードに特徴があり、その特徴を生かすためのコツもあるんですね。
たぬき博士
うぬ、そうじゃよ。「審査」という観点で見ると、条件の良さはビジネスローンの中でもNo.1じゃろう。そのメリットを十分に生かすためにも、審査に通るためのポイントやコツは知っておいた方がええのう。
ビジネスパートナーカテゴリーへ戻る

関連記事