【決定版】ビジネクストの審査に通りたい方向け!落ちない方法教えます

経営者たぬき
博士、ビジネクストの審査が不安です。通るといいのですが…
たぬき博士
審査に通るか落ちるかは経営に大きく影響するからのう。今回はビジネクストの審査について詳しく教えるとしようかのう。

ビジネクストの審査は良心的!狙い目のビジネスローン

ビジネクストの審査

ビジネクストも他のカードローン・ビジネスローンと同じように、融資を受けるには審査に通る必要があります。
事業資金は会社の今後を大きく左右するので、ビジネスローンの審査は何が何でも通過したいところです。

そんな大切なビジネクストの審査ですが、明確な基準こそ公開されてないとはいえ、そこまで厳しくないといえます。

このように言える根拠は以下の2つになります。

  1. 赤字でも融資OKと良心的な審査が行われている
  2. 契約できている人の数がビジネスローンの中で一番多いと考えられる

金利・限度額などビジネスローンとしてNo1の水準であるビジネクストの審査が厳しくないのは嬉しいですね。

以下で詳しくそれぞれの理由を説明していきましょう。

①経営者の目線で行われる審査!赤字でも通過する可能性がある

経営者目線のビジネクストの審査

一般的にビジネスローンの審査は、現在の皆さんの会社の規模や決算内容(赤字なのか黒字なのか)で決まってしまいます。
ですので経営が赤字であったり、会社ができてから間もないと審査に通過できる可能性はほぼないといってもいいでしょう。

しかしビジネクストでは、事業開始から期間が経っていない・会社が赤字であるという理由だけで審査で落とされることはありません。
しっかりと経営者の目線にたち、今後の事業拡大計画や過去数年間と比べて決算内容が改善されている点などを考慮して審査をしてくれます

この良心的な審査は以下のようにビジネクストのホームページにもしっかりと記載されており、ビジネクストが会社の理念・特徴として大切にしていることなのでしょう。

Q.赤字(決算・申告)でも借り入れが可能か。

A.当社は決算内容だけで判断しておりません。営業担当者までお気軽にご相談ください。

Q.これから事業を始める(または始めて間もない)のだが融資可能か。

A.業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書をご提出いただければ審査は可能です。なお、開業前の資金としてのお取扱はいたしておりません。

引用:ビジネクストホームページQ&A

このように赤字か黒字かで合否を出すのではなく、少しでも良いところを見つけて融資をしようという姿勢がうかがえるのはビジネクストの大きな特徴です。

このようなサービスを提供しているビジネクストの審査はけっして厳しいといえるものではないでしょう。

ビジネクストの公式サイトはこちら

②審査に通過している人の数がビジネスローン界で一番多いと考えられる

ビジネクストの貸出実績

審査が厳しくないと予想できる理由の2つ目は、ビジネクストが日本にあるビジネスローンの中で最も多くの人にお金を貸していると考えられるからです。

明確なデータがあるわけではないですが、ビジネクストは当社調べとことわりながら、100,000口座以上の契約をしており実績は日本トップクラスとうたっています(下の画像参照)。

ビジネクスト実績

先ほども言いましたが、「日本トップクラスの融資実績」はあくまでも自称です。

しかしこの実績はかなりの確率で正しいと予想できます

もしこの数字以上に融資をしている会社があったとしたらどうでしょう。
恐らくそのビジネスローンを扱っている会社はビジネクストの「100,000口座」以上の数字を挙げ、ホームページなどで融資実績を客寄せに使用するのではないでしょうか。

ビジネクストがわざわざ競合他社よりも劣っている数字を公表するとは考えられません。明らかな嘘であれば数ヶ月後には競合のうたい文句へのアシスト・広告の張替による損失を生んでしまいます。

以上をふまえると現状では「日本トップクラスの融資実績」は真実であり、ビジネクスト以上に企業に対して融資を行っているビジネスローンはないといえますね。

もう1つの理由である赤字でも審査に通過する可能性があると公表しているので、審査で評価が低い経営者も大勢申し込みをしていることが容易に想像できます。

そのような状況でも数多くあるビジネスローンで最もお金を貸しているというのは、ビジネクストの審査が厳しくないということでしょう。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストの審査でNGなのが信用情報に傷があること

ビジネクストの審査は事故情報があるときつい

以上見てきたように、ビジネクストの審査はけっして厳しいものではありません。

ただし多額のお金を無担保で貸すうえでビジネクストがここだけは厳しく見るというポイントが存在します。
それは皆さんが事故情報が記録されていないか、つまり信用情報に傷が付いた状態でないかです。

事故情報は金融機関を通して、以下のようなお金関係のトラブルを起こしてしまうと記録されます。

  • カードローン・クレジットカードの返済を3ヶ月以上延滞した
  • 携帯の料金を支払わずに解約された
  • 債務整理(任意整理・自己破産)で借りていたお金を減額した

上のようなトラブルは全て信用情報機関に登録されてしまいます
信用情報機関を通して、あらゆる金融機関が情報を共有しあっているのでどの企業で問題を起こしても、日本中の金融機関がそのことを確認可能です。

もし皆さんの中で事故情報が記録されている方がいたら、ビジネクストでの借入は難しいでしょう。

ただし事故情報は一定の期間で消えるので、過去に信用情報に傷がついている人は以下の記事から確認してください。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

アイフル・ライフカードでのトラブルは審査に悪影響

アイフルグループのトラブルとビジネクストの関係

信用情報の傷ほどではないですが、ビジネクストの保証会社であるアイフルの評価が低いと審査に悪影響を及ぼします

保証会社とは実際に審査を行っている会社のこと。皆さんがビジネクストに申し込んだ場合、審査を行うのは消費者金融のアイフルです。

ビジネクストの審査で重要なアイフルの評価は、アイフルグループの傘下にある企業での信用情報で決まります。

もちろん消費者金融アイフルもグループ企業の1つです。
ですので過去にアイフルで延滞をしてしまっていると、ビジネクストの審査でも評価が大きく下がってしまいます

逆にアイフルで借入をしていて、しっかりと遅れずに完済をしている・したことがある方は高い評価を得られるでしょう。

またクレジットカードのライフカードもアイフルグループ参加の企業が提供しているサービスです。こちらも同様に過去に延滞をしていると審査に通過する可能性が著しく下がってしまいます。

現在アイフル・ライフカードを利用している人は、絶対に延滞をしないように最新の注意を払うといいでしょう。

またアイフルで借入をしていてそこまで急ぎで事業資金が必要でない方は、完済をしてからビジネクストに申し込むようにしてください。完済実績によって審査での評価を上げることができます。

経営者たぬき
博士、自分は自己情報もアイフル・ライフカードで延滞をしたこともありません。
たぬき博士
ほうそれはよかったわい。そのような人はビジネクストの審査で落ちる可能性は低いといえるじゃろう。
たぬき博士
もちろん他のことで落ちることもあるだろうが、申込をする勝ちはあるぞ。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストの審査に受かりやすくなるコツ

ビジネクストの申込フォーム

ビジネクストの審査はあまり厳しくないということを説明してきましたが、それでもまだ不安な方にビジネクストの審査に通りやすくなるコツをお伝えしましょう。

それは申込フォームで少しでも有利になる情報を記入すること。

申し込みの際に記入を求められることは、カードローン・ビジネスローン会社が絶対に知っておきたい皆さんの情報です。
絶対に抑えておきたい情報ということは、審査の際に最重要と考えられる内容と考えられます。

審査で大きなポイントを取れるところでは少しでも高評価を得たいですね。またその項目で自分が不利だった場合、少しでも改善することは審査通過に繋がるでしょう。

もちろん虚偽の申告は絶対にしてはいけませんが、現状を変えることで有利な情報を記入することはできます

以下で今からでも審査に通りやすいようになる項目とどのように入力していくのかを解説していきましょう。

自宅の住所は超重要!引っ越しはまだ先延ばし?

ビジネクストの審査と住所

申込フォームには皆さんの住所を記入する箇所があります。この項目ではカードローン会社は、ただ単に皆さんがどこに住んでいるのかを知りたいのではありません。

審査の時に確認されるのは、引っ越しがしやすく逃げられる可能性が高くないかです。
カードローン会社からすると夜逃げのようなことをされてしまうと、大変な損失になってしまいます。

そのため引っ越しをする際にどれだけ手間・時間がかかる住居に住んでいるかどうかが非常に大切になるのです。

以上から審査で評価が高い順番に住居の形態を並べると以下のようになるでしょう。

  1. 持ち家
  2. 賃貸マンション・借家・アパート
  3. 公営住宅

※個人事業主の方の中には持ち家やマンション・アパートを社宅として登録されている方(自宅で仕事をしている人)もいるかと思います。そのような方も評価は上記のランキングと同じです。

持ち家の人はここで高評価を獲得できますが、公営住宅などに住んでいると評価は下がってしまいます。

ですので現在持ち家やマンションなどの賃貸に住んでいる方で、1ランク下の住居に引っ越そうと考えている人は審査が終わるまで待ちましょう

事業資金の足しにと持ち家やマンションを売り払うのは、ビジネクストの審査が終わってからにしてください。

ビジネクストの公式サイトはこちら

個人事業主としての期間がある方はそこから数えて入力しよう

ビジネクストの審査と設立年月日

ビジネクストの経営情報の項目に【創業/設立】の年月日を入力する箇所があります。ここで個人事業主としての期間がある方はそちらの年を記入するようにしましょう。

これには以下の2つの理由があります。

  1. 創業・設立から年月が経っているほうが評価が高い
  2. ビジネクストからは創業からの期間なのか設立からなのかは分からない

まず前提としてここで入力する期間は長ければ長いほど評価が高くなります
長い期間会社がつぶれずに経営できているというのは、皆さんの企業に自力があり返済が滞る可能性が低いと考えられるからです。

返済能力が高いと判断されれば、審査で高評価を得られるでしょう。

また創業と設立は意味が違うことも抑えておかなければいけません。

創業年度とは皆さんが今の商売を始めたときのことをいい、創立は法人を作ったときのことを指します。
つまり現在会社ができてから〇〇年の方でも、事業を始めたのがその前であれば+α年数を足すことができるのです。

例えば皆さんが会社を2000年に辞め、個人事業主として商売を始めたとしましょう。3年後の2003年には商売が成功し、1人では仕事が処理できなくなり会社を作り従業員などを雇い始めたとします。

ここで設立は2003年からの13年間(現在2016年)ですが、創業は2000年からの16年前になるのです。

ですので皆さんも会社設立前に個人事業主としての活動期間がある場合はそちらの年数も加えて入力しましょう
少しでも長く会社が存続しているように見せることができます。

所有不動産がある方は必ず入力しよう

ビジネクストの審査と不動産

ビジネクストの入力フォームには自己不動産・自社不動産があるかないかを選択する欄があります(下の図を参照)。

ビジネクスト不動産

こちらは必須の項目ではなく任意なのですが、不動産を持っている方は必ず「ある」を選択しましょう。

ビジネクストは不動産を会社・皆さんの資金の1つとして考えるので、返済能力が高いと判断されます。もちろんより返済が確実だと思われたほうが審査に通過する可能性は上がるので、忘れずに記入してください。

厳しい審査ではない!コツを学んでビジネクストの審査を突破しよう!

経営者たぬき
博士ありがとう。ビジネクストの審査がそこまで厳しくないと知れて申し込んでみようと思ったよ。
たぬき博士
ふぉふぉふぉ。信用情報に傷がなければ申し込む価値は十分にあるぞ。
経営者たぬき
はい!コツも分かったので早速申し込んでみます。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストカテゴリーへ戻る

関連記事