ビジネクスト(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査から返済まで徹底解説!

たぬき博士
ビジネクストはビジネスローンを専門としている貸金業者じゃ。個人事業主や法人経営者を主に顧客としておるから、会社が赤字でも借りれる可能性があるぞ。会社の現状や過去と現在を比較した際の改善点なども見てくれるんじゃ。
たぬき博士
ここではそんなビジネクストの評判や審査・返済などを徹底解説しておる。ビジネスローンを検討している人は参考にするんじゃ。

ビジネクストの基本情報

ビジネクストトップ
 金利  8.0%~15%
(利用限度額100万円以上)
13%~18%
(利用限度額100万円未満)
 審査期間 最短3営業日
利用目的  事業資金
最大借入可能 1,000万円
 在籍確認   あり
 キャンペーン 利息キャッシュバック
 総量規制  なし
 対象者 個人事業主
法人経営者
 担保・保証人 原則不要※

※法人経営者は代表者が連帯保証人となる必要があります。

ビジネクストは個人事業主・中小企業に向けたサービスを主としており、経営者目線のサービスを提供している業者です。

審査では事業規模や赤字かどうかだけでなく、売上高をここ数年間で比較し判断をしてくれます。他の貸金業者では会社の現状を表面的に見られて融資をしてもらえなかった方も、審査に通過する可能性があるでしょう。

また限度額は消費者金融としては業界最高峰の1,000万円です。金利も100万円以上の限度額で最高15%と高スペック

もちろんビジネスローンの魅力の1つである、担保・連帯保証人※が不要・総量規制なしでの借入が可能です。

※法人経営者は代表者が連帯保証人となる必要があります。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクスト(ビジネスローン)のここが知りたい!気になる項目をタップ!

【ビジネクスト(ビジネスローン)の申し込み・借入れ】

【ビジネクスト(ビジネスローン)の審査】

【ビジネクスト(ビジネスローン)の金利・返済】

ビジネクスト個人事業主・法人経営者向けサービス

ビジネクストのカードローンとビジネスローン

ビジネクストの経営者向けサービスには「カードローン」と「ビジネスローン」の2種類があります。

以下で2つのサービスを比較しました。

カードローン ビジネスローン
金利 8.0%~15%
(利用限度額100万円以上)
13%~18%
(利用限度額100万円未満)
 8.0%~15%
(利用限度額100万円以上)
13%~18%
(利用限度額100万円未満)
 限度額   1,000万円   1,000万円
融資方法  ATMでの借入 契約時に振込み
融資回数  限度額内で何度でも 契約時の一回のみ
融資額 1万円~1,000万円   50万円~1,000万円

どちらも金利・限度額などは同じです。

ただし「カードローン」ではATMから限度額内で何度でも融資ができるのに対して「ビジネスローン」は審査通過後に契約額が一括で振り込まれ、以降の融資はできません。

融資額も「ビジネスローン」は50万円からですが、「カードローン」では1万円から借入できます。

いつでも必要に応じて、少額から借入ができるビジネクストカードローン※を利用するのがオススメです。

※カードローンという名前ですが、対象はあくまで法人・個人事業主に限定されるビジネスローンです。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストのビジネスローンとカードローンの違いって何?借入方法・返済額などからオススメを紹介!

ビジネクストのメリット!融資実績No.1の秘密とは

ビジネクストのメリットは以下の2つでしょう。

  1. 事業規模・赤字だけでなく、数年間の売上なども考慮した審査
  2. 限度額・金利が消費者金融会社の中で高スペック

会社への融資ではトップの実績を持つビジネクストならではのメリットを以下で解説していきます。

個人事業主・法人経営者に寄り添った審査

ビジネス審査

ビジネクストでは赤字であったり事業を開始してから間もないといった理由だけで、すぐに審査落ちとはなりません。

直近数年間の会社の売上・資産表での改善している箇所などをしっかりと見てから決めるという姿勢がうかがえる会社です。例えば赤字の企業であっても、前々期と比べ前期に改善のきざしが見られるといった所も評価されます。

ビジネスローンを扱う多くの貸金業者はカードローンを本業としていますので、このように経営者側の立場になって審査を行ってはくれません。

個人事業主・中小企業へのビジネスローンを専門とする、ビジネクストならではのサービスでしょう。

【決定版】ビジネクストの審査に通りたい方向け!落ちない方法教えます

限度額・金利が高水準

ビジネクストの限度額・金利

ビジネスローンは消費者金融でありながら限度額が1,000万円と高く、金利も低いのでかなり高い水準のサービスを提供しているビジネスローンといえます。

以下が他の消費者金融ビジネスローンとの比較です。

限度額 金利
ビジネクスト  1,000万円   8.0%~15%
(利用限度額100万円以上)
13%~18%
(利用限度額100万円未満)
ビジネスサポートカードローン
(アコム)
 300万円  12.0%~18.0%
(1万円~100万円未満)
12.0%~15.0%
(100万円~300万円)
自営者カードローン
(プロミス)
  300万円   6.3%~17.8%
オーナーズセレクトカード
(シンキ)
  300万円   13.0%~18.0%

ビジネクストの限度額は、他の消費者金融ビジネスローンと比較して3倍以上。利用目的が事業資金と多額の借入をするケースが多い、ビジネスローンで限度額がずば抜けて高いのは大きなメリットです。

また金利も100万円以上で最高15%と最高レベルの低さを誇っています。一般的に最高金利が適応されるカードローン・ビジネスローンですので、皆さんが実際に利用した際にも他社のビジネスローンよりも低い金利を享受できるでしょう。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストはネット申し込みがダントツおすすめ!

びじ申し込み

ビジネクストでは以下の4つの方法で申込むことができます。

  • ネット
  • 電話
  • ファックス
  • 郵送

この中でオススメの方法は24時間利用ができ、書類を郵送するなどの手間がかからないネット申込です。

ただしネット申込ではメールアドレスが必要なので、持っていない方は事前に準備をしておきましょう。

ビジネクストで必要な申込書類

ビジネクスト必要書類

ビジネクストで必要な書類は以下の通りです。個人事業主・法人経営者で提出しなければいけない書類が多少異なるので注意してください。

 icon-hand-o-right 個人事業主

本人確認書類・確定申告書原則2年分

 icon-hand-o-right 法人経営者

本人確認書類・登記事項証明書(商業登記簿謄本)・決算書原則2期分

※この他にも書類が必要な場合があります。

必要書類はFAX・メール・郵送のうちいずれかで提出します。

この中ではメールで書類を送るのが最も簡単でしょう。メールを利用する場合は書類をファイル化しなければいけませんが、携帯電話のカメラで撮ったものを使用できます

ただし詳細までしっかりと確認できるように写真を撮らないと、再度提出となってしまうので気を付けてください。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストの審査

ビジネクストの審査ですが大きく分けて以下の2つの軸で評価されていると考えられます。

  1. 個人事業主・法人経営者本人の信用情報
  2. 会社・借入主に返済能力があるか

この2つの側面からビジネクストの審査基準をクリアできれば借入を行うことができる可能性が高いです。

借入をする方の信用情報

信用情報

ビジネスローンを利用するうえで忘れられがちなのが、個人事業主・法人経営者本人の信用情報です。

過去にカードローンやその他ローンで返済の延滞などがあると、個人としての信用を疑われてしまいます。逆に期日を守って返済をしていればプラスの評価に繋がるでしょう。

特にビジネクストはアイフルグループに属していますので、アイフルでの過去の借入実績は重要です。アイフルで延滞をせずに返済をしっかりと行った実績があれば、個人としての信用はかなり高くなります。

会社・借入主の返済能力

返済能力

個人の信用とともに審査で最も重要視されるのは、会社と事業主がしっかりと返済できるかどうかです。

もちろん事業が黒字であることに越したことはないのですが、ビジネクストでは赤字であっても以下の場合審査に通過する可能性があります。

  • 年々赤字が改善され、黒字になる傾向がある
  • 会社が建物・土地などの資産を多く所持している
  • 申込をした方の資産が豊富

ビジネクストのHPにも以下のように書かれており、経営者を主な顧客としているビジネクストは将来性も視野に入れた審査を行っているのでしょう。

Q.赤字(決算・申告)でも借り入れが可能か。
A.当社は決算内容だけで判断しておりません。営業担当者までお気軽にご相談ください。
引用元:ビジネクストホームページ、よくあるご質問

また会社・申込をした本人が持っている資産は万が一の場合返済に充てられると考えられ、返済能力があると審査されることもあります。

ビジネクストの公式サイトはこちら

ビジネクストに関するQ&A5選

Q1.ビジネクストは在籍確認があるの?

A1.ビジネクストにも在籍確認はあります。

ビジネクスト在籍確認

ビジネクストの在籍確認は会社に電話をかける形で行われます。ただビジネクストで借入をしようとしていることを隠したい場合は、個人名で電話をかけてもらうことも可能です。

「〇○(個人名)ですが△△様(申込者)はいらっしゃいますでしょか?」といった具合に電話がかかってきますので、社内でバレることはないでしょう。

Q2.ビジネクストの返済方法は?

A2.経営者向けの「カードローン※」はATM・銀行振り込みで「ビジネスローン」は引き落としです。

ビジネクスト返済方法

※カードローンという名前ですが、対象はあくまで法人・個人事業主に限定されるビジネスローンです。

ビジネスローンでも引き落としができなかった場合、銀行振り込みを要求されることがあります。

Q3.ATMはどこが使える?手数料はいくら?

A3.ビジネクストではセブン銀行・東京スター銀行(借入のみ)・アイフルのATMを使用できます。セブン銀行・東京スター銀行では一万円未満で108円・一万円以上で216円かかります。

 

東京スター銀行は借入のみで、返済にはご使用できないので注意が必要です。

Q4.ビジネクストで延滞してしまったらどうなる?対処法は?

A4.先ずはビジネクストに電話をし、返済意思はあることを伝えましょう。

延滞したら

延滞をしてしまうと出金はできなくなります。また年率20%の高い金利での遅延損害金を払わなくてはいけません。

うっかり払い忘れがないように、返済期限をしっかりと覚えておきましょう。

ビジネクストの公式サイトはこちら