目からウロコ!三井住友銀行カードローンで気になること全部教えます!

たぬき博士
メガバンクの1つである三井住友銀行の提供するカードローンじゃ。銀行系カードローンのメリットである金利の低さ、総量規制対象外などはもちろんのこと、即日融資を行うことも可能じゃ。
たぬき博士
三井住友銀行カードローンについてメリットや申し込みから審査まで解説しておるから是非参考にしておくれ。

三井住友銀行カードローンの基本情報

三井住友銀行カードローンのトップ画像
金利 4.0~14.5%
最大借入可能額 800万円
総量規制 対象外
審査時間 最短30分
在籍確認 あり
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
即日融資  対応
無利息期間 なし
スマホ完結申し込み 可能

三井住友銀行カードローンは銀行系カードローンの強みを持ちながら、消費者金融のような便利なサービスも提供しています。

銀行系カードローン特有の金利の低さや総量規制対象外にプラスして即日融資も可能です
インターネットバンキングを使った申込では審査書類の提出も原則必要ありません

また三井住友銀行・コンビニATMの手数料が時間に関係なく0円なので、余計な出費を最小限に抑えることができるでしょう。

三井住友銀行カードローンのここが知りたい!気になる項目をタップ!

【三井住友銀行カードローンの申し込み・借り入れ】

【三井住友銀行カードローンの審査】

【三井住友銀行カードローンの返済・金利・利息】

三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンを使用する大きなメリットは以下の3つでしょう。

  1. 三井住友銀行の口座がなくても即日融資ができる
  2. 低金利で毎月の利息が安い
  3. 時間帯に関係なくATM手数料が無料

どちらも他の業者ではあまり見られない魅力的なサービスです。以下でそれぞれ詳しく解説していきましょう。

①三井住友銀行の口座を持っていなくても即日融資可能

三井住友銀行カードローンの即日融資

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行の口座を所持していな場合でも即日融資を行うことが可能です。他の銀行系カードローンでも即日融資が可能なところはありますが、多くはその銀行の口座を所持していることが条件となっています。

三井住友銀行の口座を持っていなくても大丈夫な点に加え、審査も最短で30分と消費者金融のような早さで借入を行うことが可能です。

ただし審査完了後にカードを21時までに閉まるローン契約機で発行しなければいけません。審査が長引くことも考えられますので、即日融資を行う場合は少なくとも19時には申し込みをしておきたいところです。

三井住友銀行ローン契約機検索から事前に、取りに行ける契約機を確認しておきましょう。

また既に三井住友銀行の口座・インターネットバンキングを利用している方は、審査書類の提出なしで即日融資ができます。この場合キャッシュカードにカードローン機能が付くので来店も不要です。

三井住友銀行カードローンの即日融資!借りるのは絶対今日!

今日中に三井住友銀行カードローンで借入したい人必見。いつまでなら間に合うのか・どんな書類を用意したらいいのかまで、即日…

土日も条件を満たせば即日融資ができる

三井住友銀行カードローンの即日融資土日

以下の2点の条件のうちどちらかをクリアすると土日・祝日でも即日融資が可能です。

  • 土日祝日もご自身の会社が開いていて在籍確認ができる
  • 審査で在籍確認が不要と判断される

土日でもWEB審査・契約機での審査はできるのですが、問題となるのが皆さんの会社に在籍を確認する連絡が取れるかどうかです。ご自身の会社が営業しているのであれば土日・祝日でも即日融資が可能です。

ただし皆さんの会社が土日・祝日が休業している場合、在籍確認ができず審査完了が翌営業日になってしまいます。

例外として※審査次第で在籍確認が省かれることもあるようで、その場合であれば会社の営業に関わらずその日のうちに借入ができます。

※どうしたら在籍確認を省けるのかは三井住友銀行に電話をしても確認ができませんでした。

②金利が低く利息が安い!

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%と銀行系カードローンならではの低金利を実現しています。

以下で三井住友銀行カードローンの金利を大手の銀行系カードローン・消費者金融と比較をしてみましょう。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0%(コンフォートプラン)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

多くの皆さんが適用されるであろう最高金利はみずほ銀行カードローンに次いで低く設定されていますね。消費者金融のモビット・プロミスと比べるといかに金利が低く設定されているかわかるでしょう。

このように金利が低い三井住友銀行カードローンを利用することで毎月支払わなければいけない利息を減らすことが可能です。

カードローンの返済が通常2.3年間かかることを考えると、金利の低い三井住友銀行カードローンを利用することは、完済までに数万円を節約することになります

即日融資可能などの柔軟なサービスに加えて、将来的な返済に関してもメリットが大きいのが三井住友銀行カードローンといえるでしょう。

三井住友銀行カードローンの金利を丸裸!あなたの利息はいくら?

三井住友銀行カードローンの金利・利息についてまとめました。利息がいくらかかるのかチェックしてください。限度額と金利の関…

③返済・借入どちらもATMの時間外手数料無料

三井住友銀行カードローンのATM手数料

三井住友銀行カードローンでは三井住友銀行・その他提携ATMを時間帯に関係なく無料で使用することができます

以下が三井住友銀行カードローンの借入・返済を無料で行えるATM一覧です。

  • 三井住友銀行ATM
  • E-netのATM(ファミリーマート、ミニストップ、サークルKなどに設置)
  • ローソンATM
  • セブン銀行のATM
  • ゆうちょATM

カードローンの借入・返済は時間帯によって108円~216円の手数料がかかるのが普通ですが、上記のATM全てでいつでも無料で借入・返済を行えるのは嬉しいですね。

カードローンの借入・返済で今後数年間ATMを利用していくこともあるので、かなりの額を節約できるでしょう。

 三井住友銀行カードローン申込

三井住友銀行カードローンの申し込み方法

三井住友銀行カードローンの申込方法は以下の通りです。

  • インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  • WEB申込(PC/スマートフォン)
  • ローン契約機
  • 電話
  • 窓口

この中で最もオススメはインターネットバンキング(SMBCダイレクト)での申込です。三井住友銀行の口座が必要となるSMBCダイレクトですが、原則審査書類・来店が不要になります。

カードローンの申込で面倒なのは、本人確認書・収入確認書類の準備、提出でしょう。この工程を省くことができ、家から出ずに申し込めるので最も簡単な方法といえます。

なおカードローン機能はご使用中の三井住友銀行キャッシュカードに自動で付け足されますので、郵送でカードを受け取る必要もありません。

※極度額300万円以内の場合に限り、審査必要書類の提出が省かれます。

三井住友銀行の口座を持っていない方はWEB申込をしましょう。審査はネット上で行い、カードは郵送かローン契約機での受け取りかを選択できます。

三井住友銀行カードローン審査必要書類

三井住友銀行カードローンの申込に必要な書類は以下の2点です。

  1. 本人確認書類
  2. 年収が確認できる書類(300万円を超える申込の場合のみ)

本人確認書類は運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳のうちから1点が必要となります。300万円以上の申し込みでは1年前の源泉徴収票や直近3カ月以内の給料明細1か月分など、年収の確認できる書類も1点用意しておきましょう。

必要書類は審査終了後にローン契約機で、スキャナー(下の画像参照)で現物を読み取り送信します。ですので必要書類のコピーなどを持っていく必要はありません。

免許証スキャン

ローン契約機での申込の場合は、申込時に書類の提出をしなくてはいけません。審査が終了した後での提出ではないので注意してください。

※インターネットバンキングでの申込であれば必要書類の確認はありません。

三井住友銀行カードローンの申込みで必要な書類と提出方法。収入証明書は必要?

三井住友銀行カードローンの申し込みに必要な書類について説明しています。申し込み方法や限度額によって必要な書類が変わって…

三井住友銀行カードローン審査

三井住友銀行カードローンの審査条件

三井住友銀行カードローンの審査を受けられるのは以下の条件を満たしている方です。

  • 20歳以上で69最未満の方(申し込み時)
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

この中で最も大事な項目は「安定した収入のある方」でしょう。三井住友銀行カードローンでは学生・パートタイマー・経営者でも収入を安定して得られている方であれば借入が可能です。

逆に年金受給者・専業主婦などは、安定収入がないと見なされているので融資はできません。

三井住友銀行カードローンを学生は利用可能!主婦は利用できるの?

学生が利用できるカードローンの中で、最高水準のサービスを提供している三井住友銀行。金利の低さを考えると何としても審査に…

三井住友銀行カードローンの審査の全て。あなたの知りたいことがここにある

三井住友銀行カードローンの審査はそこまで厳しくありません。皆さんが通りやすいのかこの記事で確認できます。また審査に通過…

審査は保証会社のプロミスが行う

三井住友銀行カードローンの審査プロミス

三井住友銀行カードローンの審査はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が行います。プロミスが審査を行っているので、消費者金融並みの早さで融資が可能なわけですね。

しかしながら審査に関しては三井住友銀行カードローンは銀行系ですので、消費者金融のプロミスよりは厳しいでしょう。また過去にプロミスで延滞などをしていると、信用はがくっと下がると考えられます。

逆にプロミスで延滞などがなくしっかりとした返済実績があると信用度も上がりますので、審査に有利に働く可能性もあるでしょう。

 三井住友銀行カードローンの在籍確認

三井住友銀行カードローンの在籍確認

他のカードローン会社同様、三井住友銀行カードローンでも在籍確認は存在します。申告した通りの会社に本当に在籍をしているのかを確認するための、重要な電話ですので省くことはできません。

しかし三井住友銀行カードローンは基本的に会社名ではなく個人名で電話をしてきます。

具体的には「もしもし佐藤です。○○さん(皆さんの名前)はいらっしゃいますでしょうか?」といった具合です。ですので在籍確認でカードローンを利用していると会社にバレることはないでしょう。

三井住友銀行カードローンで会社・家族バレしないコツ!在籍確認と郵送物を徹底攻略!

三井住友銀行カードローンを利用していることは、基本的に家族・会社にバレる心配がありません。それでも申し込みで選択を間違…

三井住友銀行カードローンQ&A

Q1.限度額の増額はできる?

A.1増額審査に合格する必要がありますが、限度額引き上げは可能です。

三井住友銀行カードローンの限度額引き上げ

三井住友銀行カードローンでは限度額800万円までの引き上げができます。気を付けなくてはいけないのは限度枠が300万円以上になると収入証明書の提出が必要になり、再審査に通過しなければいけない点です。

ただし限度額を引き上げることによって実際の借入額に関わらず金利を引き下げることができるので、書類が用意でき再審査に受かりそうな方は申し込んでみる価値があるでしょう。

三井住友銀行カードローンの増額審査の裏!限度額を変えるのは今しかない

三井住友銀行カードローンの増額審査に通るコツを紹介しています。また増額をすることで新しく書類が必要になることがあるので…

Q2.総量規制対象外って本当?

A2.三井住友銀行カードローンは総量規制対象外です。

三井住友銀行カードローンの総量規制

年収の3分の1までしか融資できないという決まりの総量規制ですが、三井住友銀行カードローンには当てはまりません。ただ審査では年収もしっかりと考慮されて限度額が決まりますので、必ずしも高額融資ができるというわけではないです。

総量規制対象外とはいえ自分がしっかりと返済できる範囲内で借入を行うようにしましょう。

Q3.ローン契約機が使える時間帯って?

A3.三井住友銀行のローン契約機は基本的に9時から21時まで使用できます。また22時までご利用可能なプロミスの無人契約機も同様に使用可能です。

三井住友銀行カードローンローン契約機時間

一般的に三井住友銀行のローン契約機は9:00~21:00まで使用ができます。例外もありますので、三井住友銀行ローン契約機検索でご自身が使いたい店舗の利用可能時間を調べておきましょう。

またプロミスの無人契約機でも三井住友銀行カードローンのカード発行が可能です。こちらは原則22時まで利用ができるので、21時以降はプロミスの契約機を使用しましょう。

ただこちらも店舗ごとに例外があるのでプロミス無人契約機検索であらかじめの確認を勧めます。

Q4.おまとめローンとして利用できる?

A4.おまとめローンとしても利用できます。

三井住友銀行カードローン利息

三井住友銀行カードローンは限度額が800万円と高額で、おまとめローンとしても利用可能です。

消費者金融と比較すると三井住友銀行カードローンの金利は低いので、複数の消費者金融で借入をしている場合は毎月の利息を減らすことができます。

おまとめローンは三井住友銀行カードローンで!無駄な利息払ってない?

三井住友銀行カードローンでおまとめをするのはメリットだらけです。ただ「おまとめローン」というサービスはないので、申込み…

Q5.三井住友銀行カードローンの返済方法は?

A5.返済方法はATMでの返済・銀行振込み返済・口座振替(自動引き落とし)の3つです。

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行口座を持っていれば、毎月自動で引き落としを行ってくれる口座振替が利用できます。手数料もかからず返済日を忘れてしまったというミスも防げるので、口座をお持ちの方はこちらを利用しましょう。

口座を持っていない場合はATMでの返済をオススメします。三井住友銀行ATM、コンビニのATMどちらも時間に関係なく手数料無料で返済が可能です。銀行振込みでは手数料は支払わなければいけないので注意しましょう。

また最低返済額は借入残高によって異なるのですが、50万円以下ですと10,000円、100万円以下で15,000円です。この金額には利息分も含まれています。

繰り上げ返済も可能なので、余裕のある月は最低額以上を返済しましょう。

三井住友銀行カードローンの手数料無料の返済方法!知れば知るほど得をする

三井住友銀行カードローンの返済方法について解説します。人によってお得で便利な返済方法が変わってくるので、ご自身がどれを…

Q6.三井住友銀行カードローンで延滞をしたらどうするべき?何が起きるの?

A6.すぐに電話をし返済の意思があることを伝えましょう。

三井住友銀行カードローン延滞の内容

三井住友銀行カードローンで延滞をしてしまった、もしくは来月の返済ができなそうな場合はすぐに電話をしなければいけません。

電話ではいつまでに返済ができるのかをしっかりと伝えましょう。

なお延滞をしてしまうと、遅延損害金が発生し追加融資はできなくなります。遅延損害金の金利は19.94%と高額で、これを通常の返済額にプラスして払わなければいけません。

延滞が長引くと事故情報として記録されることもありますので、きっちりと返済を行いましょう。

三井住友銀行カードローンを延滞中?絶対に知っておきたい遅延損害金

三井住友銀行カードローンの返済が遅れてしまっている人が、必ず知っておかなければいけないことをまとめました。すぐにしなけ…

Q7.三井住友銀行カードローンの最低返済額はいくら?

A7.50万円以下は1万円です。ここから50万円上がるごとに5千円ずつ増えていきます。

三井住友銀行カードローンでは借入残高が50万円以下の場合1万円の最低返済額が必要です。そこから100万円以下で15,000円、150万円以下で2万円と5千円ずつ最低返済額が増加していきます。

少し高めに思えますが、金利が低く利息が少ないので完済までの総返済額はかなり安いのでお得なカードローンといえるでしょう。

利息を多く取られる消費者金融などと比べて最終的に10万円ほどの差が出ることも多く、効率のよい返済が可能です。

三井住友銀行カードローンの最低返済額はいくら?返済方式も合わせて紹介!

三井住友銀行カードローンの最低返済額はやや高め。それでも総返済額が安いなどメリットもありあます。知っておくだけでお得な…

Q8.三井住友銀行カードローンでは繰り上げ返済・一括返済ができる?

A8.繰り上げ・一括返済ともに可能です。

三井住友銀行カードローンではお金に余裕のある時に、繰り上げ返済や一括返済ができます。

返済方法はSMBCダイレクトかATMでの返済です。どちらも手数料が無料で24時間いつでも返済できるので大変お得なサービスでしょう。

特にSMBCダイレクトはネット環境があればどこでも返済を行えるので、外出中でも自宅からでも繰り上げ・一括返済が可能です。

三井住友銀行カードローンで一括・繰り上げ返済!とっておきの方法教えます

三井住友銀行カードローンの一括・繰り上げ返済について気になることを全て解説します。どちらもメリットがたくさんありますが…